■プロフィール

nonki

Author:nonki
生まれも育ちもわがまち”ふかや”
早いもので人生も半ばを過ぎ、今まで忙しく見過ごしてきた身の周りをもう一度見つめなおし、ゆっくりまったりどっぷりとこの街で生きて行こうと思っております。

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
地域情報
639位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
関東地方
122位
アクセスランキングを見る>>

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

かまくらまでつづくみち。
歴史のロマン、、、だよね。

菅谷舘を彷徨っていたらこんな物に出くわした。

「いざ、鎌倉へ」

IMG_6730.jpg

源頼朝が開いた鎌倉幕府の有事の際に、各地の御家人が鎌倉へとと続く道を整備した。

IMG_6732.jpg

その道こそが鎌倉街道。

なるほど、”全ての道は鎌倉へと続く”と教わってきたが、その通り、この嵐山の街にもその名の道が存在していたという訳だね。

20120207183736.jpg

そう言えば、鎌倉街道って足利を散策していた時も観たような気がしたね。

地図にあるように鎌倉街道は、武蔵・上野を通りそして碓氷峠から信濃へ。

もう一方が下野から白河関へと。

その分岐点がこの地図でいうと群馬の邑楽郡あたりか。

そう、鎌倉街道って埼玉県のほぼ中央を縦断しているんだ。

saitacc.gif

たぶん、現在の道とは随分姿を変えていると思うけど、でも、基本はこの鎌倉街道だということなんだろうね。

IMG_6737.jpg

この地図が菅谷館近くの地図ね。

ranzan61.gif

それじゃ、深谷市周辺はどうなってるかというと、これね。

ogawa63.gif

美里方面から関越花園IC、花園橋辺り。

ふ~ん、川本地区の畠山重忠さんの生まれ故郷近くを通ってるってわけか。

妻沼の齋籐別当実盛さんや熊谷次郎実篤さん、更には岡部六弥太さんなんかもこの道で鎌倉に向かったんだね。

IMG_6736.jpg

ふ~ん、なんだか平安・鎌倉の時代の香りが漂ってきそうだ。

目をとじるとその当時の様子が…と言うほど、ワタクシは想像力豊かじゃござんせんよ。




スポンサーサイト


にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 深谷情報へ
にほんブログ村
埼玉県その他 | 16:39:57 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad