■プロフィール

nonki

Author:nonki
生まれも育ちもわがまち”ふかや”
早いもので人生も半ばを過ぎ、今まで忙しく見過ごしてきた身の周りをもう一度見つめなおし、ゆっくりまったりどっぷりとこの街で生きて行こうと思っております。

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
地域情報
626位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
関東地方
129位
アクセスランキングを見る>>

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

ときはじじつをおしえてくれない!
まさかこんなことって・・・。

トウモロコシ・未来の出荷に驚き、さて帰えろうと駐車場を出ようとしていたその時、隣の中宿歴史公園にあるものが目に入った。

IMG_8141.jpg

緑の塊の中にぴょこんと伸びた茎の先にピンク色の花らしきもの。

IMG_8142.jpg

そっか、もしかして、もう蓮が咲いたのか。

中宿歴史公園の「原始蓮」の池。

IMG_8146.jpg

今、やっと咲き始めたばかりといった感じで、咲き終わったあの蜂の巣のようなものがまったくなく、本当に綺麗なままの蓮の花たち。

IMG_8144.jpg

元来、蓮の花とは仏教的に言えばどろどろの土の中から高貴な花を咲かせることから、その姿が仏の智彗や慈悲の象徴、又は俗世の欲のまみれず生きることの象徴とされている。

なるほど、如来像の台座は蓮であり寺院の仏前には金色の蓮華が置かれている。

即ち、蓮とはそう言うイメージの花なのだ。

IMG_8150.jpg

しかし、そんなことを考えさえしなければこの美しいピンク色は他の花では決して現れない色合い。

大柄な花弁でありながらまさに気品高く、どこか可愛らしさえも演出してくれている。

IMG_8175.jpg

それが咲き始めの初々しも手伝いこの公園きっての”旬”を満喫していた。

この時はまだその先に知ることになる”事実”を知るはずもなく、呑気に蓮の花見物と洒落込んでいたのだ。

時折ふる雨が葉の表面に水玉となり、まるで流れた大粒の涙のよう。

IMG_8161.jpg

なんともドラマを感じる風景だなとカメラを向け夢中でシャッターを切っていた。

まさに涙・・・。

そう、今から考えれば確かに涙だったのかもしれない。

IMG_8174.jpg

そんなことに気づくはずもなく、そうか、ここの蓮が咲いたならきっと本庄総合運動公園の花も咲いていることだろうと。

どうせならその蓮も見てしまえと西に車の舵を切り益々自宅から遠ざかってしまったのである。

まだ咲き始めの蓮にそれ程のこだわりを持つ意味もないはずなのに・・・。

つづく

スポンサーサイト


にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 深谷情報へ
にほんブログ村
その他 | 12:26:11 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad