■プロフィール

nonki

Author:nonki
生まれも育ちもわがまち”ふかや”
早いもので人生も半ばを過ぎ、今まで忙しく見過ごしてきた身の周りをもう一度見つめなおし、ゆっくりまったりどっぷりとこの街で生きて行こうと思っております。

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
地域情報
423位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
関東地方
88位
アクセスランキングを見る>>

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

か、かんせいが。。。
あしかが散歩、再び。

もう何度となく訪れ、そして遊ばせていただいてる足利の地。

何が良いのか分からないけど、何となく行っちゃう足利の街。

ペタンコ祭りじゃないけど、その都度色々な発見がある足利の季節。

IMG_7275.jpg

そんな足利へと向かったこの日は水曜日。

もちろん、商店街はシャッターばかりで、ひとの姿もまばら。

でも、いいんです。

ちゃんと迎えてくれるものだってあるんだから。。。

ほら、このお店、すごく面白いでしょ。

IMG_7276.jpg

「夢ってやつは動かなきゃとどかない!!」

おお、名言じゃないの(笑)

「ゲソの極み」なんて最近の話題をおやじギャグにしちゃうようなこのお店、いったい何のお店なんでしょう。

ご店主の顔を見てみたいと思っちゃうのはワタクシだけ?

さて、今日の目的はこんなことじゃない。

足利市には市立美術館があるのよ。

IMG_7286.jpg

いつかはいってやろうと目論んでいたんだけど、やっとこの日にめでたくご来館の運びとなりやんした。

さすが美術館といった感じの県立館林美術館とは違い、マンションの下の階を間借りしているようなそんな足利市立美術館。

IMG_7287.jpg

いやいや、美術館をお持ちになってる足利市さん、あんたはすごい!

市営の美術館のあるところなんてそうはないもの。

IMG_7289.jpg

きっとセンスがいいんだよ、この街の人達は。

それじゃ早速拝見と行きましょう。

IMG_7291.jpg

この日の展示は「画家の詩・詩人の絵」と題され超有名人の作品がずらり。

竹久夢二、青木繁、棟方志功、その他たくさんの有名画家さん。

萩原朔太郎、宮沢賢治、高村光太郎、の詩人さんの他にも誰でも知ってるような詩人さん達。

そんな有名人の絵や詩が掲げられているの。

そりゃもう大変ですわ。

そんなに広い館内じゃないけど、あちこちからものすごいパワーを感じる。

絵ってすごいよね。

圧倒されるような力をどんどん放出しているのが分かる。

絵が自分の中に沁み込んでくるんじゃなくって、自分が絵の中に取り込まれていくような錯覚さえ感じちゃう。

ゾクゾクするというか、、、ちょっと怖い。

まあ、感性の違いなんでしょうか、そんなことぐらいしか感じられないワタクシ、、、やっぱり浅いな(笑)

そんな感動の中(?)、ここで働く学芸員の方々にちょっとお聞きしたことが。。。

「ず~っとこのような作品と長い時間一緒にいて疲れませんか?」

いやいや、この場ではそんなことは聞けないよね。

言葉を発する人も少なく静粛の中で絵だけを守るというか見つめるというか、そんな時間の長いことって、そんな気持ちにはならないのかな。

そんなことを思うワタクシ・・・やっぱり極薄だわ(笑)

まあ、いつか機会があったら是非お聞きしたいですわね、そんなご苦労話も。

そうして美術館を出て再びお散歩の続き。

IMG_7292.jpg

およ、よく見るとこの街にはそんな芸術性の高い景色が溢れてましたわ。

そりゃオブジェとか彫刻とかだけじゃなくってこんなお店のセンスにも表れてるでしょ。

IMG_7296.jpg

お高そうなギター、持っていかれないかい?

IMG_7295.jpg

何、この看板!

天使の奏でる音楽、聞こえてきそうだよね。

IMG_7282.jpg

そう、この街はセンスに溢れてるんだよ。

だから何となく来ちゃう。

感性を揺さぶられる街なんだね。

IMG_7277.jpg

色々な街を歩いてきたけど、こういう街ってそう多くはないし。

きっとまた時間が経ったらこの街に来ちゃうんだろうな。

そんな小さな旅のお散歩でした。
















スポンサーサイト


にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 深谷情報へ
にほんブログ村
栃木県 | 06:55:04 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad