■プロフィール

nonki

Author:nonki
生まれも育ちもわがまち”ふかや”
早いもので人生も半ばを過ぎ、今まで忙しく見過ごしてきた身の周りをもう一度見つめなおし、ゆっくりまったりどっぷりとこの街で生きて行こうと思っております。

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
地域情報
498位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
関東地方
109位
アクセスランキングを見る>>

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

おにもわらってるよ
鬼にまつわるエトセトラ。 

≪やっぱり地元、楡山神社の巻≫


念願の聖天様の豆まきを棒に振ってまで出かけた先とは・・・。

やっぱり地元、深谷市を代表する神社、「楡山神社」の節分祭に出かけてたのよ。

IMG_2731.jpg

節分と言ったらワタクシは小さい時から楡山神社。

通称「権現堂」ね。

何故権現堂って呼ばれているか・・・それはね、昔々、この神社は熊野三社大権現と呼ばれていて幡羅郡の総鎮守として崇められていたのね。

IMG_2746.jpg

その権現堂の年に一度の大祭、節分祭はこの辺りじゃかなり大きなお祭りなんだね。

だってだるま市や露店のお店が出て、なんてお祭りは滅多にないもん。

IMG_2741.jpg

夜になると花火まで打ち上げられるんだから。

そんな権現堂の節分祭。

実はここの節分祭は変わっていて、赤い布と緑色の布とで作られた鬼がいて、その鬼に向かってみんなが豆を投げつけるの。

IMG_2673.jpg

そんな豆まきを昔から見ているので豆まきと言ったらそれが普通だと思ってたのよ。

だからね、今回行った嵐山の鬼鎮神社は氏子さんが観衆に豆を投げつけるそうだし、聖天様では僧侶が舞台から豆を観衆にまくなんて言う景色にすごく興味があった訳。

何とか一度でいいからみたいなぁ、そう思ってたの。

だけど、やっぱり地元の豆まきが良いな。

楡山神社がどうしても気になっちゃって。。。

ハイ、やっぱりいつもの風景の楡山神社。

IMG_2710.jpg

みんなが家から桝に入れた豆をもって境内に。

IMG_2717.jpg

そして大きな声で「福は内、鬼は外」って豆を投げる。

IMG_2714.jpg

パラパラと散らばった豆の凄いこと。

IMG_2701.jpg

そしてね、お祭りの最後にはあの鬼の布をみんなで取り合うんだよ。

大人も子供も必死であの布を取り合うんだ。

その布をとれれば一年間風邪も引かず健康に過ごせるっていう言い伝えがあってそりゃもうヤバいくらい必死で取り合うんだ。

だけど、聞くところによれば最近はケガ人が出ると困るのでもうやらないという噂だし、その辺の情報は定かじゃないんだよね。

IMG_2678.jpg

たとえあったとしてもワタクシは参加しないし(ケガしちゃうから)・・・子供の頃の良い思い出として鬼を見るとその頃が思い出されて懐かしくってね。

伝統行事ってこんなことを言うんだと思うよ。

IMG_2684.jpg

それはもちろん鬼鎮神社の豆まきもそうだし、聖天様もそう。

大人も子供もその風景を何時までも忘れず、節分と言えば鬼を思い出すし、思い出したらいつもの神社やお寺に行きたくなるんだよ。

IMG_2693.jpg

鬼は鬼でも”故郷に住む鬼”はやけに懐かしくって親しみやすくってそれでいて微笑ましくってそれに纏わるお祭りはいつまでも続けてもらいたい。

真冬のこの時期、外に出るのはちょっと億劫になりがちだけど大人たちは是非子供たちを連れだしてこの行事を見せて、そして教えてあげてね。

IMG_2719.jpg

伝統を受け継いでいく未来の大人の心には小さい時の思い出が一番大切だと思うから。

IMG_2699.jpg

今日の子供の心にもきっとあの赤鬼、青鬼の姿がしっかりと焼き付いたと信じてやまないワタクシでございます。



スポンサーサイト


にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 深谷情報へ
にほんブログ村
イベント・お祭り | 17:59:23 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad