fc2ブログ
 
■プロフィール

nonki

Author:nonki
生まれも育ちもわがまち”ふかや”
早いもので人生も半ばを過ぎ、今まで忙しく見過ごしてきた身の周りをもう一度見つめなおし、ゆっくりまったりどっぷりとこの街で生きて行こうと思っております。

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
地域情報
265位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
関東地方
48位
アクセスランキングを見る>>

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

ともかくでっかい!
茨城への旅(常陸国出雲大社の場合)

笠間市。

笠間稲荷からそう、15分くらいでしょうか。

そう離れていない場所にあります、常陸国出雲大社。

常陸と書いて(ひ・た・ち)と読みます。

IMG_6433.jpg

そこにどうしてあの有名な出雲大社があるのか、きっと誰でも不思議に思うでしょう。

そもそも出雲大社とは。

そこから始まるんですよ。

大国主命(おおくにぬしのみこと)は大洗磯前神社に祀られている少彦名那神(すくなひこなのかみ)と一緒に国を造ったそうな。

それを天照大御神に国を委ね、その後「だいこくさま」と親しまれるようになったとか。

IMG_6432.jpg

”陽は常陸から上り、そして出雲に沈む”

確かにあの大洗の磯にある鳥居。

あの方角から陽は昇りますな。

そんな出雲大社より分霊鎮座したのがこの常陸国出雲大社だそうです。

常陸の国、恐るべし!!!

tokiwanokuni.jpg

でも、余談ですがね、、、”伊勢に昇った陽は出雲に沈む”って聞いたことがありますがね。

季節によって昇る太陽の方角が変るからね。(笑)

そりゃ諸説ありますよ。

現実には分かりません。

だって神の国の頃に生きていたひとは今は誰もいませんし、見てもいない、、、古事記とか文献はあるんでしょうが。

その信ぴょう性は・・・いやいや、そこまで言っちゃダメよね。

IMG_6436.jpg

神様の世界だもん。

普通の人間には理解できるはずがない。

でも、そうして学ぶのも悪いことじゃない。

信じるものは救われるんです。

IMG_6438.jpg

さて、あの巨大なしめ縄は本家出雲大社と同じ。

大きさはどうなんでしょう。

写真で見るとちょっぴり小さいのかな。

それでも十分でっかいです!

そのしめ縄の下がっている部分。

IMG_6447.jpg

そこにお金が刺さっているんですよ。

なんでかなと思ったら、それってお賽銭なんだって。

勢いよく下から投げ入れたお金はそこに刺さってお賽銭になる。

初めは誰かのいたずらだと思っていたんですがね、、、ちゃんとそのお賽銭の作法が書かれているんですよ。

なるほど、世界広し、、、と言うか、神社にも色々あるんですねえ。

IMG_6442.jpg

それじゃ自分も、と、何度も投げるんですが無情にもチャリンと落ちてくるお賽銭。

もう諦めて普通のお賽銭箱へ。

するとお参りもここでは普通の作法と違うんですね。

二礼四拍手一礼、、、、四回柏手を打つんですよ。

まあ、それには失敗することはありませんがね。

IMG_6451.jpg

どうしてもあのしめ縄へのお賽銭が気になって再度挑戦!

すると、何度目かに投げ込んだお賽銭がスポッと吸い込まれて消えたんです。

おおお、、、これこそ神がかり!!!

やった、これで良縁に恵まれるかも。

IMG_6473.jpg

まだ新しい社務所に向かうと、これがまた驚くばかり。」

社務所内に美術のギャラリーがあって、無料で見学ができるんです。

巨大な絵画、、、神様の絵の様な、、、よく分かりませんが、その迫力は相当なモノ。

それだけを見ても、ここまで来た甲斐はありましたね。

IMG_6459.jpg

館内にはオブジェの様な椅子も並んでいて、美術的に長けた神社でもあるんです。

お隣にガラス工房なんて言うのもあるんです。

拝殿の奥に本殿とか、他にも龍蛇神社とか、、、ちょっと怖そうな神社もありそうですが、時間の関係でそこまでは見学してきませんでしたがね。

ビックリするような神社であることは間違いありません。

笠間市、この町には驚かされてばかりでしたわ。
スポンサーサイト





にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 深谷情報へ
にほんブログ村
旅行 | 05:00:18 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する