■プロフィール

nonki

Author:nonki
生まれも育ちもわがまち”ふかや”
早いもので人生も半ばを過ぎ、今まで忙しく見過ごしてきた身の周りをもう一度見つめなおし、ゆっくりまったりどっぷりとこの街で生きて行こうと思っております。

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
地域情報
411位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
関東地方
88位
アクセスランキングを見る>>

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

がっしょう
紅葉を求めて。 ≪秩父路編 その2≫

もう2度目の登場になるのかな、ミューズパーク。

そう、ミューズパークといえば「音楽寺」。

PA230164.jpg

ここは欠かせないよね。

でも、今回はお寺さんというよりもお寺さんから少し離れた話題としましょう。

PA230171.jpg

そう、音楽寺だからこの手の事を祈願する、っていうのは想像がつくでしょう。

PA230170.jpg

PA230169.jpg

でも、そんな境内の隅っこにこんなものがあるのよ。

「秩父困民党 無名戦士の墓」なる碑。

PA230173.jpg

秩父困民党って簡単にいっちゃうと秩父事件を起こした政治団体(と、言っていいのかどうなのか…)

そっか、先ずは秩父事件から説明した方が良いのかな。

PA230174.jpg

明治の初期(秩父事件は明治17年)、政府の政策によってデフレに陥った日本経済。

農民の生活は苦しく、秩父などに多かった養蚕農家はその収益を当てにして銀行や高利貸から借金をして生計を立ててた。

しかしそのデフレ、そしてヨーロッパでの生糸の大暴落によって生活が成り立たなくなった農民が決起し銀行や高利貸の証書を破棄してしまうが、政府からの弾圧によって数名が死刑判決を受けた、という事件。

もちろん、当時のことだから不当に処罰された者もいたのでしょう。

弾圧という名の、処罰という名の、不当な刑が執行されていたかもしれないし、争いの場で負傷者やもしかしたら死亡した者もいたかもしれない。

ワタクシはそのことに対して詳しくは知らないし、改めて調べようとも思わないけど、そうした事実が現実にあったということ。

この秩父の地で、しかも、今、奇しくもこの時期と同じ時に、木々が色づきこれから冬を迎えるというようなこの時期に、貧困に苦しみ、戦いに敗れ、そしてからだもこころも痛めたに人間がたくさんいたという事実。

PA230176.jpg

この碑がなぜここに存在するのか、それさえも知る由もないけど秩父の街を一望できるこの地にもし眠っている戦士がいたなら今の時代をどう思っているだろう。

”デフレの時代”(脱却を目指しているそうだが)である今現在、繰り返される歴史を嘆いているのか。

それともまだまだ甘いと薄笑いを浮かべているのか。

いずれにしても秩父とはそういう歴史の上に成り立っているということを肝に銘じておく必要はあるようだね。

続く
スポンサーサイト


にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 深谷情報へ
にほんブログ村
埼玉県その他 | 15:49:14 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad