fc2ブログ
 
■プロフィール

nonki

Author:nonki
生まれも育ちもわがまち”ふかや”
早いもので人生も半ばを過ぎ、今まで忙しく見過ごしてきた身の周りをもう一度見つめなおし、ゆっくりまったりどっぷりとこの街で生きて行こうと思っております。

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
地域情報
508位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
関東地方
101位
アクセスランキングを見る>>

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

みどりにつつまれたおふろです。
秘湯に行こう。(その4)

本当にこういう時のビールは旨い!

普段と変わらない種類、銘柄なのに、どうしてこんなに旨いのでしょう。

そうしてゆっくり時間が過ぎていきますねぇ。

周りには山と川しかなくってもそれで十分。

既に満足ですわ。

IMG_2085.jpg

おっと待てよ、、、。

そうじゃなくって、ここはお風呂がいち推しってことじゃないか。

ここで酔ってる場合じゃない。

ちょっとお風呂の様子でも見てきましょうか。

IMG_2091.jpg

先ずは、露天風呂には洗い場が無いと言ってたもんで、、、内湯からね。

きれいな館内の一番奥。

そっか、ここね。

IMG_2114.jpg

当然ですが、ここは裸で入るのよ。

ふふ、実はね、、、この露天風呂はみんな混浴なんだよ。

と言っても湯浴み着を着用で入るんだけどね。

だから、チェックアウト後に浴衣と一緒に湯浴み着も渡されている訳。

IMG_2116.jpg

だけど、この内湯は男女別。

普通のお風呂でございます。

何時でも入浴可能とのことで、先ずはここに入ろうかな。

IMG_2094.jpg

で、問題の(笑)露天風呂。

新館からの連絡廊下を歩いていくと、裏口の出口に着きます。

で、戸を開けると、、、なんと吊り橋が!

その下にはあの渓流が勢いよく流れているのですよ。

IMG_2097.jpg

その吊り橋を渡ると「日ノ本一の大露天風呂」と。

まあ、深い山の中の露天風呂ですから、緑が眩しいわ。

ほうう、、、そこかぁ。

何となくわかってきましたなぁ。

IMG_2099.jpg

でも、もちろんですが、ここからは撮影禁止!

かなり多くの撮影禁止の看板が掲げてあり、、、もしかしたら不届き者が禁止事項を破って、、、こらっ!って怒られているんでしょ。

まったくそんな輩がいるんですよ、きっと。

そんなことするために来るんだったら来ちゃダメだからね。

IMG_2111.jpg

今はほら、よくテレビでやっている隠しカメラとか、携帯とか、いくらでも隠し撮りできちゃうからね。

まったく困ったものですわ。

と、この辺で写真撮っているとワタクシも疑われますがな。

まだ時間が早いからお客さんいないけど・・・。

IMG_2103.jpg

それはそうと、、、フロントでの注意では「夜中は野生動物が現れるのでひとりでは入らないでください」だって。

まあ、恐ろしや~!

随分毛深い人だなぁと思ったら熊さんだった、、、ギャグじゃないんだから!

でも、ここならあり得るなぁ。

それだけ山深いってことよ。

IMG_2100.jpg

よし、一度部屋に戻ってお風呂に入ろっと!

と、振り返ると、、、おおお、、、まるでジブリの千と千尋の神隠しに出てくるような建物。

右にちょっと古いお宿。

左にもっと古いお宿。

IMG_2109.jpg

そっか、来年でこの汪泉閣は100年を迎えるって。

その歴史を感じるわね~。

昔のひとはあのお宿で湯治していたんだ、、、う~ん、、、いい雰囲気だねぇ。

IMG_2108.jpg

さあ、お風呂、お風呂。

でも、写真では照会できませんからね。

詳しくはこちらから汪泉閣の様子をご覧くださいませ。

ふう、いいお風呂だった~♪

露天風呂、最高!
スポンサーサイト





にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 深谷情報へ
にほんブログ村
旅行 | 05:00:38 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する