fc2ブログ
 
■プロフィール

nonki

Author:nonki
生まれも育ちもわがまち”ふかや”
早いもので人生も半ばを過ぎ、今まで忙しく見過ごしてきた身の周りをもう一度見つめなおし、ゆっくりまったりどっぷりとこの街で生きて行こうと思っております。

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
地域情報
409位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
関東地方
80位
アクセスランキングを見る>>

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

どうしてここに???
軽く見てました。

こんなに長い参道とは思ってもいませんでした、「榛名神社」

しかも、新緑と水とのマイナスイオン効果。

分るなぁ、、、ここがパワースポットだっていう評判。

でも、今だからきっとそう言える。

IMG_6861.jpg

もしも、人並みにもまれながら参拝となったら、景色も空気も感じられず、ああ、、、遠かった~で終わっちゃうかも。

まだこんな時間、本当に数えるぐらいの人しかいない。

だって参拝開門開始時間を少し過ぎたところなんだもん。

IMG_6864.jpg

おおお、、、三重塔まであるんだ。

だけど、ここまでの道のり。

ごく狭い参道。

建立の際、材料とか機材とか、どうやって運んだんだろう。

IMG_6865.jpg

まだ、七福神の像ぐらいだったら運べるとは思うけど、、、、ここまで大きなものになると、そう簡単には作れないよね。

ヘリが上空から物資を降ろすって訳にもいかない・・・だって、相当に険しい山の中だもん。

不思議だぁ。

IMG_6867.jpg

石塔にしてもそうだよね。

担いでは歩けないし、、、、大きな重機は入れないでしょ。

山門もあったでしょ、、、、凄いなあ、、、土木工事の妙だね。

IMG_6868.jpg

うわっ、大きな石を削って、その下に道が続いてるよ。

これって、大昔の人たちがタガネや金づちを使って、掘ったのかな。

えええ、、、ちょっと待ってよ、、、、そこまでしてこの山の中に神社を建立する必要って・・・。

IMG_6870.jpg

そもそも、山の神様を信仰したものじゃないってあったじゃん。

山麓農家さんの作った神社だって。

だったら、こんな険しい場所に・・・ここしか場所がなかったのかしら。

う~ん、謎だ~。

IMG_6871.jpg

まあ、これだけの山の中の方がありがたい気持ちにはなるわな。

普通の村社じゃここまで崇められなかった???

そんなことも計算済みですよ、と昔のひとの高笑いが聞こえてきそうだね。

IMG_6873.jpg

おおお、、、一番この神社にふさわしい、、、弁天様。

水の神様、、、、ここは水が豊富だもんねぇ。

谷を流れる川にしても、湧き水にしても、水だらけ。

IMG_6876.jpg

ぽたぽたと、いたるところから水が落ちてくる。

そうしたことが、農家で一番必要で大切な水のある場所、、、その場所に神社をと、そういうことなんだろうかねぇ。

神の宿る場所、、、そうかも知んないね。

IMG_6877.jpg

今なら地下からポンプでくみ上げられる水だって、昔は雨だけが頼りだもんね。

その雨水をたくさん蓄えてくれる山。

その山にはきっと水の神様が宿っていらっしゃる。

だからこんな山の奥にお社を、、、はい、想像でございます。

IMG_6879.jpg

おおおお、、、でっかい杉の木。

矢立杉だって。

あの武田信玄さんが戦の際にここに矢を立てて戦勝祈願したとか。

IMG_6880.jpg

その頃からあった杉の木。

あんた、いったい樹齢は何年なんだい???

屋久島の縄文杉には敵わないでしょうが、、、、神社にはこうした古くてデカい杉が多いよね。

そう言えば武甲山にもあったし、赤城神社にもあったよね、ビックリするようなデカい杉。

それを称して、デ・カ・ス・ギと申すかどうかは、、、言わないか、、、(笑)
スポンサーサイト





にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 深谷情報へ
にほんブログ村
群馬県 | 05:00:13 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する