■プロフィール

nonki

Author:nonki
生まれも育ちもわがまち”ふかや”
早いもので人生も半ばを過ぎ、今まで忙しく見過ごしてきた身の周りをもう一度見つめなおし、ゆっくりまったりどっぷりとこの街で生きて行こうと思っております。

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
地域情報
544位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
関東地方
106位
アクセスランキングを見る>>

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

おっと!
鬼平の街 その1

なるほど~、そうだったのね。


最近、ほら、よく旅番組やニュース番組のお出かけ情報的なコーナーに登場してるでしょう、東北自動車道・羽生PA。

江戸の街を再現したっていう奴。

その羽生PAって羽生水郷公園のすぐ近くなんだよ。

それでこの間の水郷公園のついでにちょっと行ってみたんだ。

迷うことなく高速道路と並行して走っている道を行くとね、いきなり現れるんだよ。

「お客様駐車場」ってね。

P8190062.jpg

そう、高速道路を走っている人だけじゃなくって一般道からも入れるって言うことだから。

P8190003.jpg

おお、何と素晴らしいことか!

いやいや、このPAだけじゃなくって今じゃこの手のPAはみんな裏から入って行けるみたいよ。

ご近所に住まいの人にとってはとっても嬉しいことだよね。

もちろんここからは車は入れないからその点は注意してよ。

さて、この羽生PA、テレビでも随分紹介されているからご存じでしょう。

そう、池波正太郎先生原作、「鬼平犯科帳」で登場したシーンの建造物が再現されているらしい。

そもそも鬼平犯科帳ってテレビで観たことないんで、もちろん原作の本も読んでないんで、この建物がどのシーンで登場してるかなんて一切わかんない。

P8190036.jpg

だけどね、今にも笠をかぶった萬屋錦之助さんが歩いてきそう。

P8190014.jpg

この日は夏休みも終わった平日で天気も悪かったからお客様が奇跡的に少なくって隅から隅までゆっくり見学ができちゃった。

うん、ラッキ~♪

そもそもなんでこの地にお江戸の街?って思うでしょう。

それがね、深~く関わっていたらしいよ。

まず、この羽生という地、この近くに栗橋っていう場所があるじゃない。

そこに関所があったららしいのね。

”入り鉄砲に出女”って昔勉強したでしょ⁈ 

当時、結構重要な場所だったみたいね、この場所は。

それを現代風に日光街道(東北道)、みちのくからの玄関口、この栗橋(羽生PA)の関所をくぐったらもうすぐそこはお江戸の街、そんなイメージなんだって。

そしてそこに鬼平、火付盗賊改長官・長谷川平蔵の登場ってなるわけね。

P8190032.jpg

それとね、ワタクシ、勘違いしてたんだけど”弥勒寺界隈を再現”って言うから場所的にここ羽生市弥勒が何か関わっていたのかなって思っていたんだけど、この弥勒寺って両国だか深川だかのお寺・弥勒寺なんだって。

それがこの場所ね。

P8190058.jpg

でも、その場所をここで登場させたのはきっとこの場所が弥勒だから、だと思うんだけど、、、違うかな。

そう、お気づきの方もいらっしゃるかと思うけど、この弥勒ってあの「田舎教師」の舞台、弥勒小学校があった場所の近くなのね。

ついでがあって、暇もあったらそこにも寄ってみたらいいかもよ。





スポンサーサイト


にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 深谷情報へ
にほんブログ村
埼玉県その他 | 14:17:56 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad