■プロフィール

nonki

Author:nonki
生まれも育ちもわがまち”ふかや”
早いもので人生も半ばを過ぎ、今まで忙しく見過ごしてきた身の周りをもう一度見つめなおし、ゆっくりまったりどっぷりとこの街で生きて行こうと思っております。

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
地域情報
480位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
関東地方
92位
アクセスランキングを見る>>

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

ひとやすみ~。
花袋先生の旅 都幾川編

花袋先生が旅に出たその当時が大正の初期。

当然、車もバスも電車も無い。

それじゃどうしたかっていうと乗合馬車だとか。

馬車、馬車ね~。

さぞお尻が痛かったことでしょう。

だって、今のような舗装道路じゃないだろうし、近代的なクッションのある馬車でもなかったでしょう。

飯能ー越生ー小川ー寄居ー長瀞の旅。

結構、距離、ありますぜ、ねえ、だんな。

そりゃ、馬車に揺られてるだけでも疲れますわな。

何度も何度も休まなきゃ馬だってやってられんわ。

きっとお馬さんもこのあたりで一服したでしょう、都幾川。

そうした記載があるかどうかは知るところじゃないけど、越生と小川のちょうど中間あたり。

都幾川とういう川がほんとに綺麗な場所でお馬さんにそのお水を飲ませてあげなさいよ。

ところで今じゃそんな都幾川町には農産物直売場がで~んと控えております。

P5100046.jpg
P5100047.jpg

旅の途中、車の運転にお疲れならどうぞお立ち寄りくださいませ。

P5100048.jpg

しかもここには木工細工や陶器なんかも置いてあっていかにも山間の町って感じで里の道の駅とは全く違った雰囲気。

P5100050.jpg
P5100051.jpg

そう言えばこのあたりには材木屋さんも結構あったりして・・・・うん???・・・・材木屋さんねえ。

あの小川の女郎うなぎの福助さん。

若旦那が女郎さんんを身請けし、その福助さんに預けたってあったけど、もしかしたらこの辺の材木屋さんだったかもね。

まあ、そのくらい林業で生計を立てている人が多く、そのくらい山が多いという土地がらを表してるよね。

深谷や熊谷、ましてや花袋先生の故郷館林から見たらほんとに”山”だなと感じたに違いないよね。

きっと物珍しさいっぱいの旅になったに違いないよなぁ。

スポンサーサイト


にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 深谷情報へ
にほんブログ村
埼玉県その他 | 15:51:46 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad