■プロフィール

nonki

Author:nonki
生まれも育ちもわがまち”ふかや”
早いもので人生も半ばを過ぎ、今まで忙しく見過ごしてきた身の周りをもう一度見つめなおし、ゆっくりまったりどっぷりとこの街で生きて行こうと思っております。

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
地域情報
411位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
関東地方
88位
アクセスランキングを見る>>

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

じゃらん~♪
花袋先生の旅 小川町編

それじゃせっかくだからちょっとだけ花袋先生の旅の道のりをたどってみようか。

逆周りになっちゃうけど、先ずはお隣の小川町ね。

この町には碑みたいなものはないけど、宿泊したのが「福助」というお店。

P5100008_1.jpg

今もこのお店は割烹店、うなぎ屋さんとして営業している。

しかも、このあたりじゃ老舗の有名店らしいよ。

もう見るからにいい雰囲気を出してる。

P5100004_1.jpg

できれば入店してそのあたりのことを伺いたかったんだけど、何せ今じゃ高嶺の花となったうなぎ、しかも有名店とくればワタクシのお財布で太刀打ちできないことは明白でしょ。

P5100002_1.jpg

で、このお店のHPによるところだけの説明になっちゃうけど、ちょっと面白いことが書いてあったよ。

福助は江戸時代安政2年創業の老舗。
店は明治時代に建てられた情緒ある木造3階建で、個室に通されてゆったりと食事ができます。
元々は普通の旅館でしたが、2代目主人の頃に、
知人が吉原から遊女を身請けし、このお店にあずけました。
その遊女がお礼にと生家であるうなぎ屋のタレを教えてくれ、
それからうなぎ料理を出すようになったそうです。
その故事にあやかり女郎うなぎと名乗るようになりました。
主人のみに代々伝えられた秘伝のタレはやや甘めで,脂ののったうなぎと良く合っています。


そう、このお店、「女郎うなぎ」って看板に書いてあったんだけど、なんじゃそれ???って思ってた。

P5100009_1.jpg

そんな理由があったのねん。

花袋先生、そんなことを知ってこのお店を選んだのかな。

小説のネタにしたら面白かったかも。。。。よ。

花袋先生、そう言うの好きじゃん!(笑)

そんなお宿を発つ前にこんな詩も残してるんだって。

倩車出山駅。
  雲湧暁巒冥。
  籬落両三里。
  搖々酒未醒。

(車を倩して山駅を出づ。雲湧き暁巒冥し。籬落両三里。搖々として酒未だ醒めず。)

そりゃ飲み過ぎだよ!(笑)

P5100005_1.jpg

そう言えば小川には美味しいお酒の酒蔵さんがあったもんな。

おお、花袋先生、いい旅してるわね~。
スポンサーサイト


にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 深谷情報へ
にほんブログ村
埼玉県その他 | 17:32:48 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad