■プロフィール

nonki

Author:nonki
生まれも育ちもわがまち”ふかや”
早いもので人生も半ばを過ぎ、今まで忙しく見過ごしてきた身の周りをもう一度見つめなおし、ゆっくりまったりどっぷりとこの街で生きて行こうと思っております。

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
地域情報
658位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
関東地方
140位
アクセスランキングを見る>>

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

きっとそうだね。
”運命に従ふものを勇者といふ” その3

お種さん資料館から東に向かって直ぐのところに弥勒小学校跡の碑があるよ。

P4130134.jpg

碑には、
「絶望と悲哀と寂寞とに堪へ得られるやうな生活を送れ」
「絶望と悲哀と寂寞とに堪へ得られる如き勇者たれ」
「運命に従ふものを勇者といふ」
と、彫ってあった。

P4130137.jpg

「田舎教師」の作品の一文だね。

この言葉がこの作品のすべてのような気がする。

そう、清三さんの心の叫び。

必死に自分の境遇と戦っていたんだね。

そして堪えていたんだ。

誰だってそういう部分ってあると思うけど、プライドも見栄も体裁もかなぐり捨てて親の為、生活の為に必死に自分を押し隠していた。

この当時の男子に向かって健気っていうのもなんだけど、そういう生き方って確かにあるし、家というものを大切にしていた昔としては当たり前のこと。

それでもやっぱりやりきれない気持ち。

ああ、運命よ!

初めてみた行田水城公園の碑にあった「運命に従ふものを勇者というふ」をみて、なんじゃこりゃ、”聖闘士星矢”か!って思わず思っちゃった自分が恥ずかしい。

そんな清三さんが教鞭をとっていた学校。

そっか、ここにあったんだ、弥勒小学校。

その横の三叉路の道の真ん中に田舎教師の像。

P4130133.jpg
P4130127.jpg

意外に小さい(実物大じゃないよね)

その当時の情景が目に浮かぶようだよ。

周りには民家があるだけで決して賑やかな場所じゃない。

この学校の宿直室に寝泊まりし、そして友人たちの成功をずっとここから見つめていたんだね。

P4130131.jpg


そっか、そうだったんだね。

気持ち、すっごくよく分かるよ。

はぁ~、羽生、、、、。

スポンサーサイト


にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 深谷情報へ
にほんブログ村
埼玉県その他 | 17:03:02 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad