fc2ブログ
 
■プロフィール

nonki

Author:nonki
生まれも育ちもわがまち”ふかや”
早いもので人生も半ばを過ぎ、今まで忙しく見過ごしてきた身の周りをもう一度見つめなおし、ゆっくりまったりどっぷりとこの街で生きて行こうと思っております。

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
地域情報
322位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
関東地方
59位
アクセスランキングを見る>>

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

”運命に従ふものを勇者といふ” その2

利根川の流れを暫し眺め、ああ、向こう岸は館林なんだなと。

そして東には高速道路の橋脚でその先まで見渡すことはできないけど、その当時は何も遮るものは無かっただろうし、西も同じくして夕日が沈むその瞬間まで見渡すことができたんだろうな。

こんな場所だからこそ余計に情景の描写が際立つ作品「田舎教師」が出来上がったんだと、花袋さんにまで思いは馳せるよん。

そんな高速道路の下、ちょうど羽生PAあたりに「お種さん資料館」なるものがあるだ。

P4130104.jpg

場所は円照寺というお寺さんの境内。

P4130097.jpg

そこには「お種さんの墓」もある。

P4130099.jpg

お種さんとは清三さんがよく利用した料理屋の娘で、清三さんにお弁当を毎日運んでいた娘。

その後、身寄りのなかったお種さんのお墓を作り、史料館として小川屋で使用していた器などを羽生市が展示している。

P4130111.jpg
P4130113.jpg

その中に当時の清三さん(写真右側)や小川屋の写真などもあり、実在の人物の姿や情景を知る貴重な資料はとても興味深く、暫し時間を忘れ見入ってしまったよ。

P4130118.jpg
P4130121.jpg

益々、「田舎教師」が身近なものとして感じられるよな。

ノンフィクションだから。

田舎に住み、そこに生きた人だから。

運命に翻弄され、そしてもがき苦しんでいた人だから。

林清三(本名小林秀三)さんのことがもっと知りたくなったよ。





スポンサーサイト





にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 深谷情報へ
にほんブログ村
未分類 | 16:28:21 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する