fc2ブログ
 
■プロフィール

nonki

Author:nonki
生まれも育ちもわがまち”ふかや”
早いもので人生も半ばを過ぎ、今まで忙しく見過ごしてきた身の周りをもう一度見つめなおし、ゆっくりまったりどっぷりとこの街で生きて行こうと思っております。

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
地域情報
265位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
関東地方
48位
アクセスランキングを見る>>

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

なみのおとはさいこうのおみやげ。
茨城への旅(大洗磯前神社の場合)

大洗海岸を那珂湊方面へ車を走らせていると突然巨大な鳥居が現れます。

「大洗磯前神社」がそれ。

地元では「大洗さま」と呼ばれ、親しまれているようですね。

856年12月29日、この地に現れた「少彦名命(すくなひこなのみこと)」さんが、この世の難儀から人々を救うと、それを祀った神社です。

IMG_6195.jpg

いかにも御利益がありそうじゃありませんか。

お参りしないでどうすんのよ!

って感じですかね。

神社自体、すっごく立派で、さすが漁港にある神社だなって。

IMG_6181.jpg

木彫りの大黒様と恵比寿様。

もうお金持ちになれそう。(笑)

いやいや、そんな不純な気持ちじゃ行けません。

どうか、海を鎮めてください、、、地震はもう起こらないでください。

IMG_6183.jpg

昔から今に至るまで大きな地震で、この神社も大きな被害を受けたそうです。

津波もきたもんね、、、東日本大震災の時には。

その度にこの町の人々はこの神社で祈りをささげてきた。

御利益があるかどうかは知りませんがね、心の支えになったことは確かでしょう。

IMG_6184.jpg

境内には大きな絵馬。

それに酒樽がたくさん積まれている。

きっと地元の酒蔵から奉納されたのでしょう。

そうして咲き始めた白梅が参拝客を迎えてくれます。

IMG_6185.jpg

これだけ見ても海の町、漁師の町、大洗。

そこに鎮座する大洗さま。

そんな感じがして、、、山や里にある神社とはひと味違うなって感じますな。

”豪快”

そんな言葉がばっちり合う、神社ですよ。

IMG_6186.jpg

そうして向かう先は、、、そう、大洗に来たらここに行かなきゃダメ!

それが海岸の岩の上に立つ鳥居。

これを見なきゃダメじゃね。

この鳥居の間から日の出が観られるんだって。

IMG_6191.jpg

初日の出はみんなここに集まって手を合わせるんだそうな。

そう言えば、若かりし頃、大洗に初日の出を見に来たことがあったわ。

夜通し車を走らせて・・・でも、ここまで来る前におてんとうさまが出てきちゃった。

と言うか、海から出る日の出を見たかっただけ。

IMG_6197.jpg

こんな鳥居があること自体、知らなかったし。

歳を重ね、色々なことを知って、そうして夕陽のように沈んでいく。

いやいや、まだ沈んじゃいけない。(笑)

いやあ、それにしても寒いわ~。

IMG_6198.jpg

暖冬だ、異常気象だ、と言われている今年の冬だけど、この日は冬らしい寒さ。

まったくこんな日に…晴れてくれたらいいのにと心底思うのですよ。

鉛色の海とはよく言うけど、鉛色ってどんな色???

分からないけど、なんだか深い色だわな。

その海からざぶんと波がぶつかる音。

IMG_6208.jpg

海のない町の者にとっては最高のおみやげ。

遠くにゆっくり走る大型フェリー。

きっと大洗のフェリーターミナルに着くんでしょう。

乗っているお客さん、あああ、、、やっと着くなと思ってるんだろうね。

お帰りなさい、お疲れ様でした。

もう少しで着きますよ~。

スポンサーサイト



にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 深谷情報へ
にほんブログ村
旅行 | 05:00:34 | コメント(0)