fc2ブログ
 
■プロフィール

nonki

Author:nonki
生まれも育ちもわがまち”ふかや”
早いもので人生も半ばを過ぎ、今まで忙しく見過ごしてきた身の周りをもう一度見つめなおし、ゆっくりまったりどっぷりとこの街で生きて行こうと思っております。

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
地域情報
284位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
関東地方
52位
アクセスランキングを見る>>

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

おにとふくはあやういかんけい。
とんでもない!

春ですねえ。

寒いし雪も降ったし、それどころじゃない。

でも、ちゃんと春なんです、、、暦の上ではね。

2月4日は立春、、、ほら、春でしょう。

IMG_5856.jpg

立春とくれば、その前日、、、節分でしたね。

節分と言えば豆まき。

その豆まきが今、ピンチなんだって。

まいた豆を小さい子供が食べちゃう、、、喉につまらせる、、、降衛生的、、、がその理由だそうです。

nijyushisekki-1600x1200-02sono2.jpg

また、保育園、幼稚園など、子供を怖がらせるのは問題があると。

なんじゃそれ!?

そんなんじゃ世の中の鬼に敵う強さを養えないって!!

そもそも、節分とは?

節分は季節の分かれ目である「立春、立夏、立秋、立冬の前日」のことをいい、年に4回ありますが、これが室町時代あたりから立春の前日だけをさすようになりました。なぜなら、春を迎えることが新しい年を迎えることでもあったため、最も重要だったからです。
昔は、季節の分かれ目には邪気が入りやすいと考えられていました。中でも重要なのは、年の分かれ目です。旧暦では新年が春から始まったため(※)、立春の前日の節分は、大晦日に相当する大切な節目だったのです。
(allaboutより)

だそうです。

IMG_5861.jpg

今どこの鬼って言えば、コロナとかインフルエンザとかの疫病。

そこに打ち勝つにはウイルスに負けない免疫力を持つこと。

拾った豆が不衛生とか言ってるようじゃ勝てないよ。

無菌状態で暮らせるはずがないんだから。

床に落ちた豆くらい食べたって大丈夫。

IMG_5885.jpg

昔のひとを見習ってくださいよ。

収穫したての野菜、洗いもせず、泥が多少ついていたってボリボリ食べちゃう。

それだってお腹を壊すことなんかない。

だからって鬼に勝ったかと言えば、、、分かりませんがね。(笑)

IMG_5860.jpg

もしもね、今の鬼がそんなものだとしたら、、、これはその厄除けの効力はないね。

ヒイラギに豆、、、そしてイワシ。

コロナにはまったく無効だわ。

インフルエンザにも役に立たない。

IMG_5862.jpg

でも、そこは気持ちよ。

心頭滅却すれば火もまた涼し。

精神力は体力にも勝る、、、ほんまかいな。(笑)

例えそうじゃなくっても、昔からの言い伝え、習わしは大事よ。

IMG_5887.jpg

せめて、その意味ぐらいは理解しようよ。

鬼は豆が苦手、、、じゃあ、なんで苦手なのかと言ったら、、、これが理にかなってる。

穀物にはひと粒ひと粒、厄をよける力が宿っているそうな。

米もそうらしいけど、それよりも大粒の大豆だから、まいた時に大きな音がする訳。

厄の親玉、鬼はその音に逃げ帰る。

だから豆をまく。

IMG_5858.jpg

鬼はイワシの匂いが嫌い。

鬼にも好き嫌いくらいあるわ。

それにヒイラギのとげが苦手。

チクチクと痛いし、、、それならバラの方が痛いよ。

でも、その昔にはヒイラギの方がポピュラーだったんじゃない?

そうしたらそっちの方が適任だわ。

IMG_5889.jpg

だから玄関に焼いたイワシの頭をヒイラギに刺して飾っておくの。

そうすると鬼が寄ってこないって。

で、イワシの胴体はどうしたのか、、、食べたんでしょうねぇ。

まいた豆も食べたでしょう!

この時代でも食品ロスは避けていた、、、エライ!

まいた豆が不衛生ならば、落花生でもまきゃいいとも思うし。

IMG_5891.jpg

しかしね、今は鬼を追い出すんじゃなくって、福を呼び込む方に気が行ってる。

恵方巻とか、大騒ぎしてるよね。

いつからこんな風習を言い伝えるようになったのか。

一時期、食品ロスの代表格だったのに、、、もう止めたら???

でっかい寿司をしゃべらず食べるなんてなんだか勿体ない。

どうせ食べるんだったら楽しく食べた方が良いもんね。

その方が福がやって来ると思うんだけど、、、それじゃダメなのかなあ。

スポンサーサイト



にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 深谷情報へ
にほんブログ村
その他 | 05:00:20 | コメント(0)