fc2ブログ
 
■プロフィール

nonki

Author:nonki
生まれも育ちもわがまち”ふかや”
早いもので人生も半ばを過ぎ、今まで忙しく見過ごしてきた身の周りをもう一度見つめなおし、ゆっくりまったりどっぷりとこの街で生きて行こうと思っております。

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
地域情報
337位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
関東地方
68位
アクセスランキングを見る>>

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

おきゃくさんがあつまるりゆう。
不思議に思ってた。

リスカ株式会社の「うまい棒」とその関連商品。

そして、駄菓子系をハロウィンに合わせて購入計画。

その為のスーパー買い出し、、、さて、どうしますか。

色々悩むわけですわ。

IMG_2580.jpg

頭を使うとお腹が減る。

いっぱい歩いたことだし、ここは大盛でいくかと。

で、マルちゃんの「ごっつ盛り」をふたつお買い上げ。

で、店内をウロウロしていたら違う「ごっつ盛り」を発見。

IMG_2582.jpg

さすが、”ごっつ盛り”とあるだけあって、デカい魚肉ソーセージね。

普通味とピリ辛の二本。

145gとあるけど、それが他のソーセージと比べてどれだけ”ごっつ盛り”なのかはよく分からないけど。

普段、魚肉ソーセージってあまり購入しないもんね。

IMG_2599.jpg

だけど、昔はよく食べたなあ。

一本を丸々と。

あの包んであるビニールを食いちぎって、綺麗に剥けると訳もなく嬉しかったりして。

あのタイプ、学校の給食でチーズが出されることがあって、チーズには赤いテープがついていて、それを引っ張るとビニールが剥けるんだよね。

でも、魚肉ソーセージにはそれがなくって、どうしてもあの先っぽを食いちぎらなきゃならない。

IMG_2606.jpg

今じゃ、そんなことはしませんよ。

きちんと刃物で切りますから。

で、そのソーセージをつまみにお酒を飲むのです。

その昔のおやつや、ご飯のおかずとは食べ方が違うんですな。

あああ、、、このソーセージ、、、すごく柔らかい。

marutyannrainnaup.jpg

さすが、水産会社の商品ですな。

えええ、、、、そう言えばこの東洋水産、、、いわゆる「マルちゃん」の商品。

どうして水産会社なのにカップ麺を販売しているんでしょう。

カップ麺だけじゃないよね、、、インスタントラーメンとか焼きそばとか。

IMG_2607.jpg

あまり水産とは関係ないような商品が多い気がする。

その理由はこちらがその理由だそうです。

魚肉ハム・ソーセージから即席麺
「水産会社が、なぜ即席麺を…?」と疑問をお持ちの方も多いのではないでしょうか。東洋水産が即席麺の生産を始めたのは、1961年。その当時、加工食品事業の中心だった魚肉ハム・ソーセージは、夏場が需要期で、冬場向けの商品として着目したのが即席麺でした。そこで、早速、開発に着手し、小田原工場(当時)で東洋水産初の即席麺「マルト印ラーメン味付け」が誕生しました。その後、1974年からはカップ麺の生産を開始し、東洋水産の中心的事業に育ちました。
(東洋水産HPより)

冬場の仕事が少ない時に生み出された即席めんが主力になっていった・・・なるほど。

米農家が田んぼにネギを植えたら儲かった、それと同じこと、、、いや、違うか。(笑)

dekamorimautyann.jpg
gpttuori.jpg

そのマルちゃん。

まるちゃんと言えば赤いきつねと緑のたぬきだよね。

そのふたつに大盛があるんですよ。

でも、何故かこっちのごっつ盛りの方がお安い。

IMG_2615.jpg

お味はあまり変わらない様に思うんだけど。

だったらこっちを選んじゃうよね。

特に値上がりラッシュの食品だもの。

買え控えているものというアンケートに「カップ麺」って上位にランクされていたけど、マルちゃんのごっつ盛りで快勝かな。

スポンサーサイト



にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 深谷情報へ
にほんブログ村
グルメ | 05:00:51 | コメント(0)