fc2ブログ
 
■プロフィール

nonki

Author:nonki
生まれも育ちもわがまち”ふかや”
早いもので人生も半ばを過ぎ、今まで忙しく見過ごしてきた身の周りをもう一度見つめなおし、ゆっくりまったりどっぷりとこの街で生きて行こうと思っております。

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
地域情報
322位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
関東地方
59位
アクセスランキングを見る>>

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

さくらがあぶない!
こいつを見かけたら・・・。

世の中には悪いことを平気な顔してやる奴がいる!

そんな奴の仕業???

きっとあいつだ、、、許せん!!!

IMG_8175.jpg

実はですね、、、城址公園の桜の木に異常を見つけちゃったんです。

このまま放置していると、きっとこの桜(ソメイヨシノ)は倒壊しちゃう。

危機的状況、、、それはこの桜だけじゃなくって、全国的にアブナイ状況に陥っているのです。

「クビアカツヤカミキリ」

IMG_8172.jpg

カミキリムシの一種で特定外来種に認定された”悪者”でございます。

一時期、桜の木が腐って切り倒されちゃう、そんなニュースを見たことがないでしょうか。

このままだと日本のお花見行事は過去のものになっちゃう。

それだけ被害が続出しているのです。

IMG_8171.jpg

その証拠がこれ。

木の根元付近におがくずみたいなものが落ちている。

これはカミキリムシが木に穴をあけて卵を産み付けた証拠。

そしてその穴の中に卵を産み付け、その幼虫が木を食べちゃう。

埼玉県では、平成25(2013)年に、県南東部の草加市と八潮市で、クビアカツヤカミキリによるサクラの被害が初めて確認されました。その翌年の平成26(2014)年に八潮市のサクラで新たな被害が確認されたものの、その後しばらく被害報告はありませんでした。しかし、平成29(2017)年になって、県南東部の越谷市、県北部の羽生市、行田市、熊谷市、深谷市および加須市で、新たなクビアカツヤカミキリ被害が確認され、それ以降、年々被害地域が拡大しています。
(埼玉県環境科学国際センターHPより)

そしてその木のくずと糞でできたのがこのフラスというもの。

IMG_8184.jpg

こりゃヤバい、、、もしかしたらまだ親カミキリがいるのかと探したけど、見つからん。

木の中にいるのか、それとも他の木に移ったのか・・・。

このままだとここの公園の桜は全滅しちゃうかも。

kubiakatuyakamikamikiri.jpg

このクビアカツヤカミキリはその名の通り、首の部分が気持ち悪いほどに赤くって、そして艶々の真っ黒なカミキリムシで、ひげが異常に長くって、、、しかも、こいつ、跳ぶんだよ。

スマートなゴキブリみたいな感じ。

春から夏に向け、クビアカツヤカミキリ成虫の発生時期(6月~8月)を迎えるとともに、幼虫による被害も多くなってきます。環境科学国際センターでは、令和4(2022)年度も、多くの皆様にご協力いただくことにより、埼玉県内におけるクビアカツヤカミキリの被害状況を把握し、被害対策に活用することを目的として、「クビアカツヤカミキリ発見大調査2022」を実施します。この調査は、県内の公園や河川敷、学校などに植栽されているサクラで、クビアカツヤカミキリの被害や成虫が確認された場合、当センターにその情報を報告していただくものです。埼玉のサクラを守るため、皆様、ぜひ御協力ください。(埼玉県環境科学国際センターHPより)

100147991.jpg(画像は群馬県HPより)

こいつに食べられちゃうと、木の内部はスカスカ。

だから台風とか大きな風が吹くと木が倒れちゃう。

だから伐採と言う処置がとられる訳。

kaimikirihunn.jpg

それを避けるためにも駆除しなきゃいけない。

桜だけじゃないよ。

例えばスモモとか梅なんかも食べられちゃう。

要するにバラ科の木がやられちゃう。

IMG_8190.jpg

もしご自宅にそんなバラ科の木があるなんて言う方は一度確認した方がいい。

自治体によっては伐採に係る費用の補助があったり、採取した数によって報奨金や賞品が出た利するんだわ。

深谷市はその様なものはないようだけど、なにせお花見に係る大事な要件。

見逃せないよね。

行田市、クビアカツヤカミキリ駆除に“懸賞金”を設定
発表日:2021.06.25

埼玉県行田市は、クビアカツヤカミキリ(学名:Aromia bungii)に懸賞金(奨励品)制度を設け、駆除を推進する。同種はサクラやモモなどのバラ科の樹木に寄生し、樹木を衰弱させ枯死させる危険性のある害虫。中国・モンゴル・朝鮮半島などに自然分布し、国内においては、輸入貨物や木製梱包材に随伴して侵入した可能性がある。2012年に愛知県で確認され、その後、埼玉県など関東地方や関西・四国にまで拡大しているとみられている。環境省は2018年に外来生物法に基づく特定外来生物に指定し、規制を強化している。今回、同市は、同種を駆除した市民に対し市内の商店街で使うことができる商品券を交付する「クビアカツヤカミキリ駆除奨励品交付事業」を実施すると発表した。市内で捕殺したクビアカツヤカミキリ10匹につき500円分を奨励品として交付するという。なお対象は同市在住者に限る。


ムシは生きるためにそんなことをするだけなんだけど、それを許したら日本の桜はなくなっちゃう。

どうかお引き取りを願うしかない訳。

もしご自分で駆除するのができなかったら市役所の環境課へ連絡すといいかも。

kubiakahukayasi.jpg

生憎、今日は祝日で市役所はお休み。

明日にでもちょいと連絡してみましょうかね。

桜を守るのにはそう言う知識、情報が大切なんだわ。

深谷の桜を守る、、、そんな市民としてみなさまもご協力くださいませ。


スポンサーサイト



にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 深谷情報へ
にほんブログ村
深谷市 | 05:00:52 | コメント(0)