FC2ブログ
 
■プロフィール

nonki

Author:nonki
生まれも育ちもわがまち”ふかや”
早いもので人生も半ばを過ぎ、今まで忙しく見過ごしてきた身の周りをもう一度見つめなおし、ゆっくりまったりどっぷりとこの街で生きて行こうと思っております。

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
地域情報
232位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
関東地方
50位
アクセスランキングを見る>>

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

はなのうみみたいですね。
花を見よう。 その2

「武蔵丘陵森林公園」のポピーは、中央入り口から行くと一番厳しい坂を越えた運動広場にあります。

さすがにこの坂を上り下りすると足が棒になっちゃう。(笑)

そんな理由か、、、上って直ぐのところのレストラン「フクロウ」にはこの時間も休憩をとっているひとが沢山。

IMG_3350.jpg

テラスでコーヒーを飲みながら、、、お腹がすいたらピザ。

いいよなぁ、、、でも、こんなところで休んでいたらそれだけで終っちゃうからね。

ここはスルーだな。

IMG_3351.jpg

いやぁ、さすが森林公園。

緑が濃いなぁ。

この時期にくると本当に気持ちが良いよ。

寒い冬、暑い夏、、、やっぱ春が一番かな。

秋はほら、、、もの悲しい雰囲気になっちゃうからね、森って。

IMG_3355.jpg

ふふ、「毎日が冒険」って、毎日来られないし・・・。

でも、以前にちょっとお話しした事のあるご夫婦。

年間パスポートを購入して、毎日この公園をウオーキングしているんだって。

この公園のお近くに住んでいたらそれも良いよね。

IMG_3358.jpg

それこそ毎日が冒険になるくらい沢山の発見があるかも。

花にしても樹木にしても、、、雑草ひとつにしても・・・みんなそれなりに魅力がある。

う~ん、何とも羨ましいこと。

IMG_3359.jpg

さてさて、ポピー畑が見えてきたよ。

な~るほどねぇ。

秩父牧場のまっ赤なポピーを想像していたけど、、、ここはうすい色合いのポピーが多いね。

IMG_3361.jpg

こうして見ると”ポピーの海”でひとが泳いでいるみたいだよ。

これだけの広さだもんね、、、遠くのひとが霞んで見えるようだよ。

ふり向くとご期待通り、、、まっ赤なポピー。

IMG_3364.jpg

何だろうねえ、、、ポピーって花びらがやたらとデカいから風に吹かれちゃうと花が閉じちゃう様にベタってなっちゃう。

ヒラヒラ、、、それがポピーと言えばそうだけど、なんだか頼りない花だねぇ。(笑)

赤色はどぎついって言うか原色って言うか、、、一本だけ見ると、、、奇麗に見えないけど、ここまでいっぱい咲くとそりゃ美しいわ。

IMG_3372.jpg

ポピー、、、ひなげし、、ときたら、アグネスチャン

いやね、ひなげしはシャーレイポピー、これはアイスランドポピー。

まあ、同じでしょうけど、、、丘の上 ひなげしの花で、、、占うの・・・と言うほど花弁ないけどねぇ~(笑)

IMG_3387.jpg

まあまあ、よろしいではござんせんか。

この花、フランスやポーランドの国花なんだってよ。

じゃ、日本の花はと言えばサクラとか菊ね。

日本の奥ゆかしさが国家に現れる???

IMG_3385.jpg

そうして南側の斜面にはアヤメの花が満開です。

アヤメは花びらの奥にアヤメ模様がるからアヤメね。

これがややこしい、、、カキツバタとか花菖蒲とかも品種改良とかするから何が何だかわからなくなっちゃってるよ。

判別するのは博士じゃなきゃ無理???

IMG_3414.jpg

しかし何ですなぁ。

こんな時間になってもお客さん、意外と減りませんな。

密になる事はないけど・・・帰りたくないのかな、、、そんな事はないか。。。

みんな、考えることは同じだったりして、、、午後の時間なら人が少なくなるのを期待しているとか・・・。

いや、日中は暑かったから???

その辺り、、、どうなんでしょうね。

スポンサーサイト



にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 深谷情報へ
にほんブログ村
埼玉県その他 | 04:59:53 | コメント(0)
あんけーとにこたえてはなのたねをもらおう。
花を見よう。 その1

春、と言うよりも初夏の陽気と言った方が適切な表現。

そんたってもう30℃近い日もあるくらいだからねえ。

今年も暑くなるのかしら・・・。

と、そんな時に「武蔵丘陵森林公園」へ行ってきました。

IMG_3328.jpg

こんな時ですからね、、、公園くらい広ければ密はさけられるでしょう。

それにね、向かった時間、、、、みんながそろそろ帰ろうって言うような時間。

閉園時間の2時間前。

それでも入園料は同じですからね、、、コストパフォーマンス的に言ったらメッチャ損をした感、いっぱい!

できればさ、ゆっくり園内を巡りたいよね、、、久しぶりの森林公園なんだからさ。

IMG_3329.jpg

予想通り、駐車場は入る車より清算してお帰りの出口に向かう車ばかり。

と言っても、ワタクシはいつもの通り、おばあちゃんの民間駐車場へ置いたんですけどね。

久しぶりに会った駐車場のおばあちゃん、、、あれ?、、、ちょっと痩せた???

でも相変わらず「飴持っていきな~!」って元気な声。

うんうん、大丈夫、、、お元気でしょうが、おからだ労わって、これからもお元気でいてくださいね~。

IMG_3331.jpg

さてと、、、自動販売機で入園券購入。

多くのひとが押したボタンだけに、、、ちょっと不安に感じないでもないけど・・・。

そこまで神経質にならなくても良いのかな。

一都三県、知事さんたちは「県から出ないでください、来ないでください」と、ことあるごとにそんなメッセージを発信しておりましたが・・・。

IMG_3332.jpg

きっと、こんな莫大な敷地、、、しかも緑に囲まれた公園だもの。

県外のひとも沢山訪れていたでしょう。

そんな知事さんのメッセージがなけりゃ、そりゃ出かけたいですわな、、、県外の観光地。

でも、森林公園を選んだのは、、、遠くに行かず、空間も広く、植物を楽しめる、、、そんなところから。

それだって本当なら家にいた方が良いのかも知れないけど、、、無理じゃね⁉

巣篭りも度が過ぎたらストレスで爆発しちゃうでしょ。

IMG_3334.jpg

きっとここにいる方もそんな思いでこの公園を選んだのでしょう。

しかしですなぁ、、、暑い!

コロナもそうだけど、、、熱中症や脱水、、、それもヤバいよ。

まだ暑さに慣れていないこの時期だもんね。

IMG_3337.jpg

それが、、、時間が経つにつれ、、、薄雲に覆われたお空。。。

そうして風も吹いてきて、、、しかも、殆どが木陰になり、、、良い感じじゃん。

さすがに日中の暑さじゃ堪らんが、、、これなら気持ちよく歩けるよ。

と言っても坂ばかりですがね~。

IMG_3344.jpg

ところで、今見頃を迎えているのは・・・・。

え~っと、ポピーね。

それとルピナスか。

今日はこのふたつでタイムアップかな。

IMG_3339.jpg

おっと、その前にアンケートに協力していきましょう。

えええ、、、年齢ですか、、、二十歳です!

ふふ、ウソですよ、、、って、言わなくっても分かるか・・・(笑)

諸々の質問、、、回答を用紙に書き込み終えたらおみやげをいただけます。

IMG_3340.jpg

小松菜とかブロッコリースプラウトとか野菜もあるけど、ワタクシはなでしこを選びました。

頑張れ!なでしこジャパンのなでしこね。

そうそう、その昔、「やまとなでしこ」って言うドラマ、、、あったねえ。

松嶋菜々子さんもあの頃は若かった~、、、いやいや、今でもお若いですよ~(笑)

IMG_3343.jpg

さて、行きますか、、、坂道、待ってろよ、、、息も切らさず歩いてやるぜ!

とか言いながら、もうハアハア言ってるし、、、(笑)

だって最初の登り口の坂が一番きつい。

そんなのズルだよね、、、最初は緩い坂に始まり、そうしてきつい坂になっていく。

そうよ、ウォーミングアップって大切だからさ。

IMG_3348.jpg

先ずは運動広場のポピー、行っちゃいましょう!

そうそう、ポピーと言ったら秩父牧場の天空のポピー、今年はどうだったのかな。

あのポピーの数ほどじゃないかも知れないけど、、、楽しみだね、、、ポピー。

うん、ホッピーも飲みたいけどね。。。ポピーからホッピーを連想しちゃう・・・どんだけ飲みたいんだか・・・(笑)

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 深谷情報へ
にほんブログ村
埼玉県その他 | 05:00:50 | コメント(0)
いまはなつかしく・・・。
しばらくは見られません。

今はもう駐車場が封鎖されて、、、そんな「熊谷スポーツ文化公園」ですが・・・。

ゴールデンウィークも終わりの頃は普通に利用できてましたよ。

ひともいっぱいで、陸上部の高校生が集団でビュンビュン走ってました。

IMG_3657.jpg

おっと待てよ、、、変異株って若い人にも感染が・・・。

大丈夫かい、、、何かの陸上大会みたいだけど。

別にケチつける気もないけどさ、、、一般のひとの集団は非難されちゃう、、、けど。

IMG_3665.jpg

でも、考えてみれば普通と変わらないいつもの春の終わり、そんな日なんだけどね。

コロナが、感染が、変異株が、、、なんて思っちゃうのは心の中まで腐っちゃってる、か~もね。

自然は普通に巡っていて、ほらシャクナゲやシャリンバイも咲き始めて、、、、。

IMG_3666.jpg

植物はそんな人間たちを見て笑ってるかもよ。

いやぁ、しかしですなぁ、、、真夏みたいに暑い日だね。

紫外線が、、、そうね、紫外線はウイルス除去に有効だってお話しは何処へ行っちゃった???

IMG_3669.jpg

ステイホーム、家にいましょう、、、なんて真逆???

日光を浴びましょう、、、紫外線でコロナ退治、、、といかないのが悲しいところ。

実際のお話しとしてどうなんでしょうね。

紫外線の効果って。

IMG_3670.jpg

まん延防止法、、、緊急事態宣言、、、これからのラグビーに限らず、大学、高校生から小学生まで色々なスポーツ、、、またみんな中止になっちゃうのかな。

紫外線がコロナを死滅させます、、、だから、外の大会はいっぱい行いましょう。

そんな風になったらオリンピック会場もみんな屋根を取っちゃって太陽の陽をいっぱい浴びて、みんな真っ黒に日焼けして。

う~ん、健康的~(笑)

IMG_3674.jpg

せっかくこんな立派なラグビー場だって使わにゃ宝の持ち腐れ。

屋根もないから使おうよ。

ラグビー以外の競技って開催できないんでしょうか。

IMG_3676.jpg

きっとこのショップも大変なんだろうなあ。

まさかこんな環境になるとは思わなかったんじゃないかな。

今はテイクアウトって、、、、駐車場まで閉鎖されちゃったら・・・。

IMG_3682.jpg

こんなオブジェ、造られていたの知ってた?

ワールドカップの対戦相手、、、テストマッチ、、、の国の方向とその国までの距離が示されているよ。

一番遠いのがウルグアイかな。

IMG_3683.jpg

18600kmって、どんだけ遠いんだか。(笑)

そこへ行くとサモアやジョージアは近いよね。

その半分ぐらい。

IMG_3673.jpg

それじゃ行ってみましょうか。。。って、気にはならないけどね。

そうね、そんな国がこのグランドで戦ったんだよ。

なんだかとっても昔のことのように思えるよ。

あの頃が一番良い時だったのかもね、、、この公園の、、、。

IMG_3695.jpg

なんて思いながら、帰り道。

コンビニの駐車場からバイパスを見たら・・・ありゃ懐かしい!

Hのマークが入った軽トラック。

奇麗にレストアしてあるみたいだけど、、、そんな車を大切に乗っている方もいるんですなぁ。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 深谷情報へ
にほんブログ村
熊谷市 | 05:11:44 | コメント(0)
またもやころなで・・・。
困ったものです。

ゴールデンウィークも終わり、落ち着いた日が訪れようとしてますね。

落ち着いているのは、、、何処も行けないってことで、心中穏やかじゃなよね。

せめて行ける場所って言ったら公園ぐらい。

しょうがない、もうそれしかないもんね。

IMG_3645.jpg

まあ、お手頃の「熊谷スポーツ文化公園」でもと、お天気のいいこの日に行って参りました。

すると驚くことに、、、ラグビーのトップリーグチーム「パナソニックワイルドナイツ」との共同施設(?)

宿泊施設がかなり出来上がってきていました。

IMG_3646.jpg

表向きにはあまり変わってないような感じだけで、見る位置を変えるともう全然違いますなぁ。

それにラグビーグランドまでできていて、この日は散水。

そうね、雨が少ないから芝生が枯れちゃうよ。

いや、その前に、、、このグランドって、、、パナソニック専用の練習グランド?

IMG_3644.jpg

熊谷ラグビー場のグランドを使う訳じゃないんだ。

ふ~ん、もうここは熊谷ラグビー場とは別物なのかな。

埼玉県のものなのでしょう、、、ラグビー場は。

IMG_3653.jpg

そうすると利用料が発生するとか・・・う~ん、分からないけど、、、難しいね。

こんなにいっぱい芝生広場あるのに、また造るって、、まあ、元々ここもラグビーの試合ができるグランドだったけどね。

ここで練習風景って見学できるのかなあ???

IMG_3655.jpg

完全クローズドするには周りに何もないし、、、見えちゃうよ(笑)

いや、これから壁とか造っちゃうのかな。

チームの秘密練習、、、戦略、作戦ってそりゃあるでしょうからね。

IMG_3649.jpg

こっちはクラブハウス、、、かな。

ガラス張りのカッコいい建物。

練習風景なんてばっちり見えるかも。

IMG_3652.jpg

カフェとかあったら良いよね。

電化製品新製品を展示とか・・・違うか。

パナホームで家を建てましょう、、、違うって!(笑)

IMG_3687.jpg

結局、この建物や施設は誰が所有権を持つのでしょうか。

どうでも良いんだけど、、、不透明だと気持ち悪いじゃん。

こんな完成予想図があっても、、、分らん。

IMG_3689.jpg

いずれにしても、完成予定は8月末とのこと。

完成すれば一般のファンにとって何が利用できるのかはっきりするでしょう。

ただ、完成はしてもコロナで使えなかったりして・・・。

IMG_3642.jpg

そう、そのコロナなんだけど・・・。

何じゃこれ!

駐車場閉鎖だって。

kumasupo.jpg

広域での移動を極力抑える為の方策だって。

???

それじゃこの公園を利用する為にバスを使いましょう、、、って、その方が余程危険かと思うんだけど。

kumasupo2.jpg

ならば、施設全部を閉鎖しなきゃ意味ないよね。

通常通りの営業をしておいてそれはないんじゃない???

と言うか、それじゃもっと危険を伴うよね。

個人の車で出かけた方が安全度は高いと思うけどなあ、、、ご近所さん以外使用禁止かい⁉

まったく分らん方策だね。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 深谷情報へ
にほんブログ村
熊谷市 | 07:04:54 | コメント(0)
ぶじ、つきました。
そりゃもう・・・。

やっぱり予想通り、帰りの電車でも気分が悪くなりましたわ。

電車の乗り物酔い、、、どうして???

体調が悪かったのかなあ、、、それとも肩痛のために飲んだ痛み止めが悪かったのでしょうか。

でも、なんとか、やっとこさ深谷にたどり着きましたよ。

IMG_3066.jpg

そうしたらなになに、この青空は・・・。

あの横川・碓氷の雨雲は何処へ行っちゃったの???

もう、そんな旅の終わりかい⁉(怒)

IMG_2776.jpg

しょうがない、そんな運命と諦めましょうか。

ああ、そう言えばあのポスターは、、、そう、鴻巣の花まつり。

そうね、そのくらい近い方がワタクシには合っているのでしょうか。

IMG_3079.jpg

鴻巣だったら今日は絶対に雨が降らないと確信してからだって出かけられるもんね。

ええっと、、、それにしても鴻巣、、、やるなぁ。

今年も中止にせず、開催するんだね。

頑張ってるじゃん!

IMG_2774.jpg

申し訳ございません、、、観光大使の方、、、殆ど知りませんが・・・勉強不足!

おっと、同じ鴻巣の花まつりの一環でしょうか。

オープンガーデン、、、そう言えば深谷はどうなったんだろう、オープンガーデンは。

IMG_3081.jpg

でも、こうして見ると一般の方のお宅、今年はお休みですって多いわ。

そりゃそうだよね、、、こんな世間の状況だもの。

沢山の方が訪れたら、、、そりゃ怖いよね。

いくら検温していたってさ。

IMG_3067.jpg

さてさて、帰りましょうか。

本当に深谷は雨降らなかったのかな・・・。

駅まで乗ってきた我が家の自転車、、、濡れてないよなぁ。

まあ、横川や碓氷も濡れるほどは降らなかったけど・・・。

IMG_3074.jpg

ああああ、そっか、、、新幹線でビールを飲みながら帰らなくって良かったよ。

だって、駅まで自転車だったんだ。

自転車だって飲酒運転はご法度だよ!

そうだよ、、、忘れてたよ、、、よかったね、、、ノンアルコールビールで。

そうじゃなかったらお迎えが必要だったもんね。

それと、、、こっちは忘れてませんでたよ。

IMG_2787.jpg

おみやげに釜めしね。

あのね、本当は横川で買おうと思っていたんだ。

だけど高碕駅におぎの屋の売店があって、そこで売られていたのを見ていたんだよ。

それなら重い釜めしを横川から運ばなくってもね。。。

IMG_3083.jpg

それでも高碕から持ち帰るのは大変よ。

自転車かごに入れて走っていたら、ガチャガチャ音がし始めちゃってさ。

あああ、こりゃふたが外れたのかいって。

IMG_3090.jpg

でも、結んであった紐がズレただけで中身は大丈夫そう。

それならゆっくり自転車を走らせれば大丈夫かなって。

慎重に、、、慎重に、、、中身が跳び出しちゃったら台無しだからね。

IMG_3092.jpg

ふう、無事に持ち帰れましたよ。

でもねぇ~鶏肉さん、、、苦手だし、、、うずらの卵もちょっと・・・。

それなら買うなよって話だけど、、、やっぱ横川と言ったら釜めしだもんね。

お漬物は大好きよ!

それならお漬物だけで良いじゃん、、、まあまあ、それを言っちゃおしまいよ!(笑)

IMG_2768.jpg

はい、美味しくいただきました、、、ごちそうさま。

ところで、深谷駅にあった横断幕。

「深活]とな。

ふかやの投稿サイトだって。

hukkatu.jpg

で、帰宅後、検索してみました。

な~るほど・・・でも、メッチャ重いんだよね。

きっと動画や画像がこれでもかってくらいいっぱいあるんじゃないかな。

う~ん、パソコンや携帯に容量がないと、、、もういいや!ってなっちゃう。

もし気になったらこちらから見てみてね。


にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 深谷情報へ
にほんブログ村
旅行 | 05:06:46 | コメント(0)
もう、またあめかよ!
またもや邪魔者が・・・。

結局、雨はその後降り出すことなく、熊の平を折り返し再び峠の湯に帰館。

やれやれ、でもどう見てもこの雲じゃ山越えは無理そう。

仕方なく峠の湯で今日初めての食事でも取りましょうか。

だって、他に食事ができそうなお店、、、、ないんだもん。

IMG_3000.jpg

館内に入ると、まあ造りたてなのでしょうか、、、すべてが奇麗な事。。。

それに、、、お客さん、、、少な~!

これならお風呂に入っても良いかな、、、って思たんだけど、、、今回はやっぱり止めておきましょう。

IMG_2991.jpg

さて、食事処は2階と言うことで早速お邪魔を。。。

やっぱり2階も人の姿はまばら。。。

これなら良いね。

さて、お腹も空いたから、、、名物の釜めし・・・は、全部食べきれないでしょう。

それじゃ、、、どうしよう、、、ここはやっぱりお腹に優しい(?)お蕎麦で。

IMG_2996.jpg

ただのお蕎麦じゃ味気ないんで舞茸蕎麦を驕っちゃいましょう。

結構なお値段だなぁと思っていたら、そりゃそうですわ。

びっくりするほどでっかい舞茸の天ぷらがふたつ。

こりゃ食べきれるかな、、、との心配はいりませんでした。

お蕎麦もね、本格的なお蕎麦で、こりゃ旨いわ!

IMG_2997.jpg

当然ですが、汗もかいたので水分補給、、、ビールかい⁉

いえいえ、そうしても良いんだけど、、、ここは帰りのこともあるんでノンアルコールにしておきましたわ。

ああ、本当は軽井沢から新幹線、、、、そしてビール、それが理想だったよなぁ。

仕方ない、このお天気じゃ。

IMG_2998.jpg

さて、帰りますかと館内を出たらまたポツリポツリ。

もう、なんじゃ、このお天気は!

ワタクシを頭の上に雨雲がついてきてるのかい。

外に出ると雨粒が落ちてくる・・・(泣)

もう、さっさと帰りましょ。

IMG_2999.jpg

帰りは下り坂だから、まあ楽ちん楽ちん。

あっという間に横川駅にご帰還。

するとさ、やっぱ目に入るよね、、、鉄道文化むら。

IMG_3039.jpg

入館料500円ナリ。

入っちゃおっと!

そうしたらまたもや、、、、雨の奴が降り出して、、、マジかよ!

IMG_3044.jpg

もう、今日は素直に帰りなさいってそう言う意味なのかな。

変に素直になったりして、、、ここは覗き見だけで我慢かな。

特別、鉄道ファンっていう訳でもないしね。

IMG_3042.jpg

でも、こうして見ると懐かしい車両が・・・。

あっちにもこっちにも、、、そばで見て見たかったなぁ。

おっと、服が濡れるほど降ってきたぞ、、、急ごうか。

IMG_3049.jpg

ここから駅まではすぐそこ。

きっと、これがトロッコ列車なんでしょう。

どのくらいの距離を走るのかは知らないけど、、、そうね、今でもさ、アプトの道にしないで、そのまま線路を残してトロッコに乗って観光できるって、そんな残し方は選択支に無かったのでしょうか。

あの渡良瀬渓谷鉄道ってその時期には相当人気だけど。

それじゃ儲からない???

IMG_3047.jpg

景色は抜群だし、もう少し関所跡や坂本宿を観光化してさ、もちろん途中には日帰り温泉の峠の湯があって、そしてめがね橋、熊の平までの往復、、、良いと思うけどなあ。

そうしなかったのにはそれなりの採算が、、、見込めなかった?

それとも線路やトンネルの老朽化?

IMG_3054.jpg

まあ、そうならなかったんだから今頃悔やんでも(ワタクシがですが)仕方ないよね。

さて、ちょうど良い時間に高碕行があったよ。

車内に入ると・・・これだもんね(笑)

IMG_3060.jpg

でも、その後、鉄道ファンのひとが数名乗車。

先頭車両だったため、走っている様子を動画に収めていたよ。

なるほどね、、、鉄道ファンってそんな動画も楽しんだね。

ワタクシはそれよりもまた乗り物酔いの方が気になって、それどころじゃなかったよ~(汗)

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 深谷情報へ
にほんブログ村
旅行 | 04:52:26 | コメント(0)
ここはそういうばしょなのですよ。
アプトの道って・・・。

本当はね、横川駅から続く遊歩道、「アプトの道」を歩こうかと思っていたのね。

でも、雨が降りだしてきていたし、ひとりだし。

だったら中山道を歩いた方が何かと便利かなって。

IMG_2918.jpg

それに、到着した碓氷峠の森、日帰り温泉峠の湯からお天気が悪くなければアプトの道を歩いた後、旧碓氷峠をいけるところまで行こうと思っていたの。

あわよくば、峠を越えて頂上まで。

そこから乗り合いバスに乗って軽井沢、軽井沢から新幹線で本庄早稲田まで帰っても良いし、バスで横川まで降りて、そこからまた信越本線と高崎線で帰るか、、、そんな予定だったんだけど・・・。

IMG_2921.jpg

それがこんなお天気。

ほら、雨が強くなってきたよ。

もう傘をささないと…びしょ濡れになったら電車に乗れないよ。

IMG_2934.jpg

仕方ない、今日はアプトの道だけで終ろうかな。

ほらほら、ここは廃線になったところを遊歩道に整備したんだよ。

だからまあ、、、歩きやすいこと。

他のハイキング客さんも沢山いるからさ、野生動物に襲われることもないでしょう。

IMG_2935.jpg

でもねぇ、、、トンネル、、、あの慰霊碑を見ちゃったから、、、相当この道(路線)で事故とかあって犠牲者が出たのでしょう。

山の景色は新緑、その中に薄いピンクのヤマザクラなんて満開に咲いてたりして、とっても奇麗なんだけどね。

あの慰霊碑が・・・。

IMG_2941.jpg

いくつも現れるトンネル。

時には壁が崩れていたりするんですよ。

ちょっと不気味な照明に照らされていたりしてね。

気のせいかな、、、そうだよね、気のせいよ!

IMG_2944.jpg

トコトコ歩いて行くと、あの有名なめがね橋にたどり着きましたが、、、遠くから見るからめがね橋。

その上に立っていたらただの橋、、、そうだね。

でもご安心ください、、、ちゃんと下(中山道の碓氷峠)に出て見られるから。

ところが下に降りる階段の長い事、、、。

降りるのは簡単だけどね~(笑)

IMG_2945.jpg

この橋、全部煉瓦でできている。

そうね、きっと深谷の煉瓦が使われているかも。

問題はその煉瓦、、、どうやってここまで運んだか、、、ってことだけど、、、やっぱ現地調達でしょうかね。

この辺りに煉瓦を作る工場ってあったのかな???

IMG_2956.jpg

まあ、それにしても高い橋ですなあ。

ここを電車で通過するのって結構なスリルがあるんじゃないかと。

その昔、強度不足が指摘されて補強工事がなされているらしいけど・・・。

IMG_2961.jpg

最近、地震とか多いから今電車が走ったら崩れちゃう???

遊歩道でちょうどよいのかしらね。

さてと、あの橋の上に戻りましょうか。

IMG_2954.jpg

ほらね、、、相当な階段、、、こりゃヤバいくらいの、、、足腰の弱ったお年寄りじゃ無理かもね~。

ふふ、ワタクシも、、、ギリギリかな(笑)

ちょっと待ってよ~。

熊出没注意、、、山ヒル注意、、、もう、ここはやっぱ山ですなぁ。

IMG_2980.jpg

そう言えば、途中にトイレもなかったし、、、もちろん水道もないよ。

ほら、ここはやっぱり立派な山なんだ。

これからお出かけの方はご注意を、、、そうね、注意する事ばかりだね。

IMG_2981.jpg

さてさて、もう少し先まで行ってみましょう。

すると、、、いきなり線路が現れて・・・ここ電車走っているの???

変電所もであるし・・・はい、走りませんよ、廃線されたんだから。

ここは熊の平駅って言うそうです。

IMG_2989.jpg

元々は蒸気機関車の水や石炭を補給する場所だったみたい。

その後、電気化されてから変電所ができたり、入れ替えの線路ができたり、、、でもここもね、、、沢山の犠牲者が・・・。

脱線事故、崩落事故、、、やっぱここはそう言う道なんだね。

碓氷湖とかも眼下に見えて奇麗だけど・・・それは多くの犠牲者さんの上に立った場所ってことを知っていたほうが良いかもね~。

合掌!

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 深谷情報へ
にほんブログ村
旅行 | 05:00:59 | コメント(0)
えどとしょうわをいったりきたり。
連続タイムトリップだ!

碓氷関所跡にて幕末の混乱期に思いを馳せ、皇女和宮の悲劇を思うと何ともやるせない気持ちに。

篤姫との確執、嫁姑の争いかいな、、、もう、大奥なんてどんな世界なんだよ、、、とか、、、家茂の墓の隣に葬られて良かったね、、、和宮様、、、とか。。。

しかしですなぁ、、、もちろんワタクシはいち庶民、、、今だからそんな事を言ってられるけど、もしこれが本当にその時代に生きている人間がですぞ、そんな軽口叩いたら、、、打ち首獄門の刑に処せられるほどの暴言、、、ってことになっちゃうかな。

いやあ、妄想の世界で良かったわ。

IMG_2870.jpg

はっはは、まだ関所から抜け出ずにいるよ、、、和宮の行列、、、見たかったなぁ、、、って見ることもできなかったらしいけど。。。

おっと、そんな事考えてたら、、、これって鉄道文化村の展示車両???

おお、それって特急あさまじゃないかい???

突然、お江戸の時代から昭和に来ちゃったよ。

その隣が蚊のアプト式機関車かい???

ふ~ん、、、前が見えないけど、、、特急あさま、懐かしいなぁ、、、乗った事ないけど(笑)

その横に、、、石碑、、、慰霊碑だね。

IMG_2867.jpg

そっか、碓氷峠を走らせる為に沢山トンネルを掘った、、、落盤事故とかその当時のことだからかなり犠牲者が出たんだねぇ。

この説明書きによると明示18年から工事が始まったって。

そう、、、そんな時代からこの碓氷峠を列車が走れるように計画していたんだね。

明治維新から僅か18年だよ、、、凄いよね、文明開化の時代って。

IMG_2873.jpg

さてさて、中山道はこの先碓氷峠へと向かいます。

それとは別に国道18号には碓氷バイパス、それに上信越自動車道で碓氷越え。

これが車での碓氷峠越えの手段ね。

それともうひとつ、碓氷峠旧道ってのがあるんだけど、これはほぼ登山道ね。

ワタクシは当然ですが、中山道に向かいまする~。

IMG_2872.jpg

その分岐点(碓氷峠旧道はもう少し先)を通ると、、、何やらとってもいい匂い~♪

そう言えば、朝からコーヒーしかお腹に入れてなかったなぁ。

電車に酔ってそれどころじゃなかったし、、、お腹すいた~。

「関所食堂」だって、、、今流行の町中華~♪

あとで知ったのですが、このお店、大人気店ですってよ。

チャーハンとスタミナラーメンが絶品!という食べログの評価ですわ。

そうなんですよ、、、帰りに通った時に順番待ちの行列がありましたわ、、、皇女和宮の行列程じゃないけど、、、当り前か、、、(笑)

IMG_2876.jpg

そうして町中華の匂いに後ろ髪を引かれながらも中山道を歩き続けるのです。

すると、霧積側に掛かり橋を渡り・・・そうですよ、思いだすじゃありませんか~。

あの有名なセリフ、いや西條八十の詩の一部らしいですが、、、。

「母さん、僕のあの帽子どうしたでせうね。ええ、夏碓氷から霧積へ行く道で渓谷に落したあの麦わら帽子ですよ・・・」

ママ~ドゥユーリメンバー~♪

ジョー山中の唄声がヘビーローテーションで鳴り続けるのです。

森村誠一、角川映画、松田優作、、、ときたら「人間の証明」でしょう!

これを知っているひとは大体お年がバレますよ(笑)

IMG_2882.jpg

霧積温泉か~。

いいなあ、、、行ってみたいよね。

でも今回の行き先はまだまだ中山道を進みます。

IMG_2884.jpg

すると現れるのが「坂本宿」

中山道の先は難所碓氷峠、その上り下りの足を休める宿場町だよ。

東海道で言えば関東への入り口、箱根と同じような立ち位置でしょうかね。

碓氷関所も含めてね。

IMG_2888.jpg

その中山道の脇には歴史を感じさせる建物もありますわな。

昭和に戻ったはずなのにまたお江戸の時代へ遡りますよ。

まあ、面白いのが普通のお宅にも屋号の看板が下げられていて。。。

IMG_2902.jpg

米屋、鍵屋、他にも色々。

その数、ざっと160あまり、、、すごいなあ。

未だに屋号がついているお宅、、、そんなにあるんだもんね。

IMG_3015.jpg

代々、江戸幕末の時代、若しくはそれ以前から受け継いできた屋号。

この坂本宿で宿場町としてのご商売を生業にしてこられたのでしょう。

今も屋号で呼び合っているのかなあ。

IMG_2898.jpg

その辺りはまったく観光地化していないので分りませんわ。

ほら、このお宅なんて「かなや美容室」で屋号も「かなや」でしょ。

その昔は髪結いだったのかしらね。

IMG_2907.jpg

そんな事を想像しながらこの街道を歩くと、本当にお江戸の時代を歩いているような気分になるよ。

小林一茶もここ「たかさごや」さんに泊まっていたんだってよ。

そうだよなぁ、、、中山道だもの。

沢山の旅人がここで休んだんだよね。

昔は随分賑やかだったんだろうね。

IMG_2900.jpg

そこを観光地化しなかったって言うのが憎いよね。

あの木曽路にある妻籠宿とか会津の大内宿とか、まんまお江戸の時代の宿場町を作っちゃう、みたいな。

そうしちゃったら、、、う~ん、住民としては暮らしにくい場所になっちゃうのかな。

静かに暮らしたい、、、それがこの坂本宿の住民の方々の望みだったんでしょうね。

IMG_2912.jpg

そうして着いたのが「碓氷峠の森公園」ね。

峠の湯なんていう日帰り温泉もあるよ。

ここからが本当の碓氷越えだよ。

IMG_3013.jpg

ほら、あの山を越えるんだ。

鉄道だったその時代、アプト式列車が通った道があの山にあるんだね。

それを越えたら軽井沢、、、、さて、「風が吹くまま、気が向くまま」の寅さんみたいな旅人は何処に向かいましょうかね。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 深谷情報へ
にほんブログ村
深谷市 | 05:00:35 | コメント(0)
あるけ、とまれ、またあるけ。
なんとかたどり着いた駅です。

そう簡単には回復しませんわ、乗り物酔い。

でも、行かなくっちゃ!

乗り換えた電車は信越本線高碕発横川行きの4両編成。

IMG_2819.jpg

その4号車に乗り込むと、、、誰もいません。

一番後ろに女性の車掌さんだけ。

まさかそんな事はないでしょう、、、、貸し切りかい⁉

IMG_2821.jpg

発車5分前、車掌さんのアナウンスと共に何位名かのお客さんが乗り込んできました。

なんかホッとするような、残念なような・・・。

この広い車内にひとりって寂しい過ぎるでしょ、、、でも、ひとりなら気は楽ですわな。

靴を脱いで窓際に向いて子供のような正座のポーズ、、、それでも恥ずかしくない、、、でも、残念それはできなくなりましたわ(笑)

IMG_2822.jpg

信越本線は本来、高碕から長野を通り、そうして新潟直江津を結ぶ路線、、、だった。

でも、この高碕~横川駅終点みたいな感じで、笹ノ井~長野、それに日本海側の直江津新潟間とぶつ切りになっちゃった。

と言うのも、長野新幹線から北陸新幹線へと新幹線が整備されたからね。

それと上信越自動車道。

時代は高速の輸送へと変わって行った訳ね。

特にこの横川駅から軽井沢までの難所碓氷峠は勾配が厳しく、歯車を用いたアプト式列車に連結してこの区間を走っていたので収益はもちろんのこと、効率化とか時間的なものであっという間に廃線とされちゃった。

IMG_2827.jpg

特急あさま号ってあったよねえ~。

その電車に機関車を連結するその作業の間、売られていたのが峠の釜めしね。

そう、今では何処でも手に入る(笑)荻野屋の釜めしだよ。

荻野屋さんも横川の駅が終点になっちゃって、そりゃ死活問題だよね。

だから新幹線の停車駅高碕や軽井沢、高速道路のSAでも販売を始めた、、、でも、ルーツはこの横川駅だよ。

IMG_2834.jpg

さてさて、未だに気持ち悪いけど、、、なんとか電車を降りて、、、、歩き始めましたよ、中山道。

そう、横川駅のすぐ横を中山道が通ってるのよね。

お江戸から京都までを結ぶ太平洋側の東海道、それと本州のど真ん中を貫く中山道。

深谷も通っているその中山道だよ。

IMG_2846.jpg

今も何となく宿場町って雰囲気あるでしょう、、、この辺りも。

でも、実は前にもこの道のことは記事にしてあると思うんだけど・・・。

関所があるんだよね。

IMG_2845.jpg

以前は車で訪れていたけど、今度は電車で横川まで。

そうして中山道を歩いて行くのよ。

もうlこれはお散歩じゃなくウオーキング、いや、遠足だね。

リュックにお弁当を入れ、水筒をぶら下げて、、、って、それじゃ子供の遠足だよ、、、そこまではしませんがね、、、大人ですから。。。(笑)

IMG_2850.jpg

あっちをきょろきょろ、こっちをきょろきょろ観ながらゆっくり歩きます。

だって、結構な坂だよ、、、この坂は。

やっぱ車で通り過ぎるより面白いね。

意外とちっちゃな発見ってあるよ。。。さすが中山道、、、そう、歴史を記しているような説明書きの看板とか。。。

IMG_2854.jpg

と、そうね15分も歩いたでしょうか。

碓氷関所跡が見えてきましたよ。

でも、前にも見たしなぁ、、、いいや、やっぱり寄りましょう、、、急ぐ旅でもないしね。

と、ボランティアのガイドさんでしょうか。

IMG_2856.jpg

「資料室に寄っていきませんか」とあったかいお誘いを受けましてね、、、「はい、見学させてください」と。

そうね、前に来た時は資料室には入らなかった、、、と言うより開いていなかった。

「大したものは展示してませんがね」とおっしゃるガイドさん。

いやいや、とんでもございません、、、ワタクシにとっては目から鱗。。。

興味深い資料に溢れておりますわ。

IMG_2858.jpg

おおおお、これは皇女和宮の行列ではございませんか。

「東海道は危険だから中山道を通ったようですね」

はああ、、、なんとその行列の距離50kmとな、、、総勢3万人、、、この関所を最後尾が抜ける頃、先頭は高碕付近でしょうかねえ。

信越本線高碕、横川をずっとひとが並んでいる、、、なんてこった!(笑)

ちなみに皇女和宮さん、、、幕府の力が衰えてくると朝廷と縁を結び、その力を復活させようと仕組まれた政略結婚。

そもそも婚約していた和宮を正室に向かいいれた14代将軍家茂はその後長州征伐遠征中に病死。

13代将軍家定の正室篤姫こと、天璋院との確執がドラマになっていたよね。

その後ふたりは和解したけど、今度は15代将軍慶喜との間でまたもめちゃって、、、歴史に翻弄された悲劇のヒロインみたいな・・・。

でも、家茂とは仲の良い夫婦であったらしい、、、それだけが救いかな。

IMG_2861.jpg

そんな光景を思い浮かべていると、、、もう気持ちは動乱の幕末よ。

ほら、某テレビ局の人気ドラマだった「JIN 仁」の世界に入り込んじゃいそう。(笑)

もしかしたら竜馬さんもこの関所を越えたのでしょうかねえ、、、。

「これから何処までいらっしゃるのですか」

と、ガイドさん。

IMG_2865.jpg

「そうねぇ、風の吹くまま、気の向くままってやつよ」

な~って寅さんのセリフが頭の中を駆け巡るのですよ、、、って実際にはそんなことは言ってませんからね(笑)

そんな碓氷関所跡、ガイドさんにお礼を言ってその場をあとにするのですよ。

ああ、のんきなひとり旅、、、良いですなぁ~。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 深谷情報へ
にほんブログ村
旅行 | 04:48:23 | コメント(0)
よってしまいましたわ。
今度はきっと・・・。

さて、高碕駅に着いてそこから乗り換えです。

が、まだ時間がある・・・と言うより、、、気持ち悪い~。

どうやら乗り物酔いしたようで、、、そなんです、実は乗り物に弱いんですよねぇ。

IMG_2788.jpg

小学校のバス遠足はいつだって一番前の席。

この頃は酔わなくなったんですけどねぇ~。

ちょっと体調が思わしくなかったのかな、、、参ったね、、、それじゃ気分を変えようかと高碕駅前を歩いてきましょう。

まだこれから電車に乗らんといけないんだから、ここでギブアップする訳にはいかんだろう。

と、巨石が並んだ駅構内を歩き、外に出ることに。

IMG_2790.jpg

おお、高碕と言ったらやっぱダルマでしょう。

でも、このダルマ、、、ちょっとばかり痛みが激しい???

元々、そんなカラーリング???

やっぱ高碕名物は石になっちゃったのかい???

IMG_2792.jpg

そんなことはないみたいです。

これは上野三碑と言って、飛鳥時代から奈良時代に漢文が彫られた石碑だそうです。

そう、コウズケと読むんだよ、、、うえのじゃないからね。

小栗上野介っていたじゃない、、、あの徳川埋蔵金伝説の、、、赤城山に埋めたって、、、そのコウズケだよ。

IMG_2808.jpg

そんな石碑を回る巡回バスがあるんだって。

ってことは、あの駅構内にあった石はレプリカ???

まあ、それはいいや、、、今回の目的ははそこじゃないし。

IMG_2797.jpg

この高碕駅って二階にあるんだね。

まるで都会だよ、、、って、都会だ、群馬の。

前橋と並ぶ群馬の都会、高碕だよ。

深谷なんかとは比べ物にならないからね、、、、ごめん、深谷~!

IMG_2799.jpg

ほら、貸し出しの自転車だってあるんだから。

いかにも都会だよね。

ううう、、、そう言えば深谷にも貸し出し用の自転車もあったけど、、、ちょっと目的が違うかな。

IMG_2800.jpg

広い車道の真ん中、、、あれが市役所?

存在感あるなぁ。

まるでお城でも見ているかのようだよ。

IMG_2804.jpg

そんな高碕でも殆どひとを見ません。

みんな外に出ないのか、、、それとも時間が早いのか・・・。

休日だもんね、、、仕事も学校もお休みだし、コロナだし。

IMG_2815.jpg

そろそろ駅に戻らんと・・・。

でも、まだ気分が・・・。

もうちょっと外で時間を待ちましょう。

今度は東口へ。

IMG_2812.jpg

街は洗練された感じだけど、西口ほどの賑わいはなさそうだね。

深谷で言う南口みたいな感じかな、、、いや、レベルが違うし。

ほら、高層ビルだし。

IMG_2813.jpg

タクシー乗り場とか奇麗に整備されてるよね。

西口はバスターミナル、、、東口はタクシー乗り場、、、そんな区分け?

でも、もう完全に方角が分らんようになってしまった、、、(笑)

こっちが東なのね~。

IMG_2818.jpg

まだちょっと気持ち悪いけど、、、この電車に乗らないと次の電車まで約30分待ちね。

え~い、乗っちゃえ!

と、いう訳で、信越本線横川行きに乗り込むのでした。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 深谷情報へ
にほんブログ村
旅行 | 04:53:58 | コメント(0)
次のページ