fc2ブログ
 
■プロフィール

nonki

Author:nonki
生まれも育ちもわがまち”ふかや”
早いもので人生も半ばを過ぎ、今まで忙しく見過ごしてきた身の周りをもう一度見つめなおし、ゆっくりまったりどっぷりとこの街で生きて行こうと思っております。

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
地域情報
337位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
関東地方
68位
アクセスランキングを見る>>

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

いつかはやってくるじじつ。
お久しぶりです。

もうひとつ、産業祭ついでに。

深谷で七ツ梅と言えば誰でもご存知ですよね。

骨董市をぶらついたついでに覗いてみました、、、七ツ梅の「なんでも屋mog」さん

IMG_3987.jpg

お店の名前通り、雑貨屋さんですよ。

お店の雰囲気に合わせ、何となく古くからあるような物から最近の流行(?)のものまでなんでもあります。

と、言いたいところですが、、、、。

IMG_3976.jpg

あまりの存在感に圧倒され、賞品に目が行かず。。。

確か、食器類が多かったような・・・(笑)

IMG_3978.jpg

骨董市にあっても不思議じゃない雰囲気。

その商品の棚の奥にど~んと立てられていたのですよ。

存在感たっぷりに。

IMG_3979.jpg

それがこれですわ。

綺麗に切られた材木に掘られた「深谷宿」の文字。

IMG_3981.jpg

この材木(松)があの「見返りの松」だったとは・・・。

あなた、枯れて切り倒されたのは知っていたけど、こんなところで芸術品に生まれ変わっていたとはね。

IMG_3983.jpg

説明書きによると樹齢325年だったそうです。

そうそう、その姿、よく見ていましたわ。

お懐かしゅうございます。

IMG_3984.jpg

お江戸の時代、旅を思い出し旅人が振り返ったと。

なるほどねえ、、、深谷宿の遊女を思って振り返ったともあるね。

IMG_3985.jpg

そんな旅人をずっと見続けてきた松です。

良かったね、燃やされずにいて。

IMG_3986.jpg

綺麗な木目。

枯れて倒れてしまう危険性があった木には見えないよね。

今でも生き生きとした生命を維持しているようだよ。

IMG_3939.jpg

この七ツ梅もきっと何時かは倒壊の危険性が、、、なんて事を言われる日が来ると思う。

その時、何か保存の処置がとられるのかな。

深谷の歴史には欠かせない造り酒屋の建築物。

さて、どうなるのでしょうね。

久しぶりに敷地内へ入ったけど、そう遠くはない事のように思われますわ。

スポンサーサイト



にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 深谷情報へ
にほんブログ村
深谷市 | 11:42:07 | コメント(0)