■プロフィール

nonki

Author:nonki
生まれも育ちもわがまち”ふかや”
早いもので人生も半ばを過ぎ、今まで忙しく見過ごしてきた身の周りをもう一度見つめなおし、ゆっくりまったりどっぷりとこの街で生きて行こうと思っております。

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
地域情報
782位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
関東地方
162位
アクセスランキングを見る>>

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

にほんだねぇ。。。
ひと口に”節句”と言っても。。。

昨日はおひな祭り、桃の節句だったよね。

桜餅食べたかな、甘酒飲んだかな、はまぐりのお吸い物、ちらし寿司、え~と、それからひなあられに菱餅。。。

全部食べたら食べすぎじゃん(笑)

と、いうことで今年も行って参りました、「鴻巣びっくりひなまつり」

IMG_8584.jpg

毎年ご紹介してるから、もうびっくりしないかな。

でもね、ここだけは別格だと思うのよ。

元川里町、「花久の里」

IMG_8184.jpg

他の会場は見なくとも、この会場だけは見逃さないで!

いやいや、他の会場も見に行くけどね、記事にもするけどね(笑)

IMG_8187.jpg

花久の里、ここのおひなさまの何がすごいかというと、おひなさまの年代的な違いが一番はっきりしてるの。

IMG_8186.jpg

大正時代から昭和初期、中期とその違いの姿。

IMG_8271.jpg

それと個性的なお雛様の数々。

あの~、深谷の尾高家のおひなさまの時に感じたのだけど、おひなさまって古い家に似合うのよ。

IMG_8270.jpg

そもそも、おひなさまがフローリングの部屋にあっても・・・ねっ、そうでしょう?

IMG_8269.jpg

古い柱があって、ふすまがあって、縁側からの光に包まれた段飾りが絵になるのよ。

IMG_8195.jpg

これぞ日本!って感じでしょ。

IMG_8205.jpg

さて、その様子は写真を見て分かってちょうだいね。

説明はいらない、ね。

IMG_8209.jpg

その代りに”節句”についてちょっとだけウンチクを。

この節句って五つあって、それを「五節気」って言うの。

それはそれは昔、中国が唐の時代ね。

月と日が奇数の日は陽が陰となってしまうのね。

奇数+奇数=偶数でしょ。

それを嫌った唐の人たちはこの日に厄払い的なお祭りをするようになったの。

それが日本に伝わって、農耕の風習と合わさって、この日に旬の植物から生命力をいただく行事ができたのよ。

実際に旬の食べ物を食べると免疫力が上がるって証明されてるらしいよ。

理にかなったお祭りなんだね。

その五節気には、

1月7日  人日の節句 (じんじつのせっく) 七草粥を食べるよね。薬効のある若菜で邪気を払うんだって。

3月3日  桃の節句 (もものせっく) 中国ではこの日に川で身を清めていた事が日本に伝わり、紙人形を川に流す流し雛となっ                        たそうな。旧暦では一ヶ月遅れるのでちょうど桃の花が咲くころ、だから桃の節句だって。

5月5日 端午の節句 (たんごのせっく) 菖蒲を飾る風習から、その菖蒲は勝負になぞらえて武士の時代でもあったことから男子                          のお祝いとなったそうな。

7月7日 七夕の節句 (しちせきのせっく) 言わずと知れた、七夕様ね。

9月9日 長陽の節句 (ちょうようのせっく) 菊の節句とも言い、菊はその昔不老長寿の薬草とされていて、この菊を食する、とい               う行事を行うところもあるそうな。

そうそう、1月1日はお正月だし別格なんだって。

それじゃ11月11日は・・・不明でございます。

IMG_8213.jpg

ああ、花久の里、、、写真が載せきらん。

IMG_8202.jpg

明日に続きます。








スポンサーサイト
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 深谷情報へ
にほんブログ村
埼玉県その他 | 04:29:20 | コメント(0)

FC2Ad