fc2ブログ
 
■プロフィール

nonki

Author:nonki
生まれも育ちもわがまち”ふかや”
早いもので人生も半ばを過ぎ、今まで忙しく見過ごしてきた身の周りをもう一度見つめなおし、ゆっくりまったりどっぷりとこの街で生きて行こうと思っております。

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
地域情報
244位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
関東地方
45位
アクセスランキングを見る>>

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

ならぬこいものがたりがひげきをよぶ。
不運なり新田氏。

実は新田氏、とっても悲しい歴史を歩いてきたんだ。

それは新田義貞の時代になると、より一層際立つんだよ。

ではまず、以前お話した木曽義仲の清和源氏の婦系図を見てね。

th.jpg

あの義仲の父義賢を討った悪源太義平こと源義平のお墓が新田世良田にあるんだよ。

それだけじゃ驚かないよね(結構びっくりしたけど)

でも、このお話を聞いたらマジで腰を抜かすよ。

源義平は平治の乱で平家に負け京の六条河原で斬首されちゃう。

この時20歳。

nunobiki_taki_1.jpg
(画像はお借りしました)

その義平にはお嫁さんがいてそのお嫁さんの名前が祥寿姫。

このひとが京から義平さんの首を持ち帰ってこの世良田清泉寺に供らったんだって。

IMG_7613.jpg

それがこのお墓。

IMG_7617.jpg

随分地味だけど・・・。

IMG_7627.jpg

今はご住職がいないのかしら。

随分荒れちゃってる。

IMG_7632.jpg

さて、この祥寿姫さんはなんと、新田氏の祖、義重の娘さん。

ここまではよかったよ新田さん。

でも、義平の弟、あの鎌倉幕府を開いた頼朝が兄の義平さんが亡くなった後に祥寿姫に惚れちゃった。

yoshihira.jpg
(画像はお借りしました)

なに~、こりゃ大変じゃ! 頼朝さん、それ、ダメじゃん。

頼朝には北条政子という恐ろしい奥様が・・・。

やばいと思った義重お父さんは娘の祥寿姫をよそにお嫁にやってしまったんだと。

それに怒った頼朝さん。

それから新田家の冬の時代が始まったんだよ。

義重さんんの弟義康は足利荘で順調に出世していった。

片や新田荘での新田さんは・・・頼朝さんに嫌われちゃって・・・。

後に新田さんと足利さんの差は歴然、だよね。

それはこの新田世良田の地から始まったんだよ。

何ともすごい時代を見てきたんだね、この新田という町は。

しかしまあ、この狭い地域で色々な事件が起きてるよなぁ。

源氏といえば鎌倉辺りを想像するけど、ここまでこの地域が関わっていたとはねぇ。

乗り物といえば、馬ぐらいしかない時代に鎌倉だ、関東上野国だとむかしのひとはよく歩いたよね。

そうそう、大事なことを忘れてた。

新田や足利に欠かせない「荘園」というものの説明をしてなかったね。

ここ、重要よ。

それじゃ、そのお話はまた明日ね。





スポンサーサイト



にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 深谷情報へ
にほんブログ村
群馬県 | 17:30:22 | コメント(0)