■プロフィール

nonki

Author:nonki
生まれも育ちもわがまち”ふかや”
早いもので人生も半ばを過ぎ、今まで忙しく見過ごしてきた身の周りをもう一度見つめなおし、ゆっくりまったりどっぷりとこの街で生きて行こうと思っております。

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
地域情報
480位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
関東地方
92位
アクセスランキングを見る>>

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

どっちがほんとうなんだろう。
ここから始まる ≪何故?≫ その3

ヤマトタケルノミコト、、、あなたは誰?

よく分からないのですわ。

だって、日本書紀や古事記に出てくるキャラですもん。

250px-Yamato_Takeru(bronze_statue,Osaka)01

読んでいても、いや、正確にいえば読めない、、、解説の文さえ。

難しい漢字ばっかり。

これを理解できる人はきっと学者レベルだと思うよ。

分かっているのはね、第14代目の天皇であったという事。

そして、その皇子の時代に大和王朝を嫌う者たちを征伐した伝説の勇者ということ。

加佐登神社_-_日本武尊像2

その人がどうして東村と関係するのかというと、ここ大事よ、テストに出るからね~(笑)

東征に出かけた帰りに死んでしまった妻を偲んで「アズマハヤ」ってつぶやいたんだって。

アズマハヤとは「妻よ・・・」という意味なんだって。

で、ここからがまためんどくさい。

その「アズマハヤ」とつぶやいた場所が、古事記では足柄峠。

あの金太郎さんのいた静岡県と山梨県の県境の足柄山だよ。

300px-Fuji_from_ashigara.jpg

そして日本書紀には今の碓氷峠か鳥居峠と言われてるらしい。

300px-R18-Usuitoge.jpg

でも、今の東村(合併で今はそれぞれ市や町になってるけど)とは遠く離れているじゃん。

もうそうなったら、創造するしかないよね。

どうして、ヤマトタケルノミコトのつぶやきが遠く離れた村の名前となったのか・・・。

仮設1  有名な台詞で、その当時の流行語になっていた。

仮設2  その言葉を聞いた村の人がかっこいいと思って使っちゃった。

仮設3  ヤマトタケルノミコトが実はあちこちでそう言ってつぶやいていた。

仮設4  全くの不明。いつの間にかそうなっていた。

はっはは、わかりましぇ~ん。

皆さんも色々な仮説を考えて楽しんでみてね~♪

ちなみにだけど、伊勢崎市に統合された東村にはあの有名な国定忠治の墓があって、国定という地名と国定駅というのがある。

250px-Kunisada_Station_north_entrance.jpg

おお、いかにも上州って感じだよね。

気になるよね~。

(注意)画像はすべてお借りしたものです、ごめんなさい。

スポンサーサイト
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 深谷情報へ
にほんブログ村
群馬県 | 05:01:32 | コメント(0)
まさかみっつもあるとはねぇ。
ここから始まる ≪何故?≫ その2

さて、偶然手に入れちゃった星野富弘さんの本。

あれ、美術館は確か草木湖のほとりだったように記憶しているけど。

140116183011_0.jpg
(画像はお借りしました)

えっと、住所は群馬県みどり市草木86とある。

そっか、旧東村なんだね。

それを聞いたらおかしなことに気がついた。

あれれ、東村って確か、他にもあったよね。

伊勢崎市の北側だったっけな。

あの辺も確か東村って呼んでいたけど・・・。

で、ちょいと調べてみたら平成の大合併(2005年~2006年)で今はその名もなくなっちゃったみたいだけど、群馬県には東村って3か所にあったんだって。

それどころか、その前のまだワタクシたちが生まれる前の昭和の大合併(1950年)まではもう2か所あって合計5か所の東村が存在していたんだって。

なんだそれ!

でも、やっぱり馴染深いのはそのうちの3ヶ所。

それがこの地図ね。

群馬県東村・番号付き

はっはは、これじゃ分からないよね。

では、もうひとつ。

地図

この地図と照らし合わせてもらえば、どのくらいの位置なのかわかると思うけど。

さて、どうしてこんなに東村ができたかと言うと、これには訳があるんだなぁ。

それが、またややこしいのよ。

時代は遡って古事記や日本書紀が書かれていた時代。

どんだけ昔なのかよく分かりません。

その書物の中に登場する伝説の勇者、ヤマトタケルノミコトが絡んでくるの。

220px-Yamamoto_Takeru_no_mikoto_between_burning_grass.jpg
(画像はお借りしました)

このひとが東国を治めようと遠征を始めてんだけど、その帰り道で起きる事がらから東村の歴史が始まるんだよ。

なんとなく難しそうなお話になってきちゃったでしょう。

ワタクシもそう思うのよ。

めんどくさいんで、このお話は明日にもう一度ご説明いたしましょう。

追伸
ワタクシ、訳あって現在外出を控えております。
本来ならば、現地に出向いて写真のひとつでもと思うのですが、事情が事情だけにその点はご容赦ください。
また、その理由は後にご報告いたしますので、あしからず。



にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 深谷情報へ
にほんブログ村
群馬県 | 04:55:41 | コメント(0)
りそうとげんじつのぎゃっぷ。
幻想の世界への入り口なのですよ。

はっはは、昨日は何か寝言を言ってました?

そうですか、そうですか、それは失礼しました。

IMG_5408.jpg

でも、この「ボタニックガーデン」って絶対に異次元の世界への扉があると思うんですよ。

IMG_5619.jpg

ワタクシ、その異次元世界にまんまと引き込まれちゃう、そう、毎回毎回ね。

IMG_5413.jpg

しかも、そこから抜け出すのにしばらく時間がかかっちゃうんだよね。

まったく困ったもんですわ。

いや、たぶんそれはワタクシだけじゃないと思うよ。

だって、この電話ボックスにお仲間がたくさん。。。

IMG_5410.jpg

面白いひともいるもんですわ。

IMG_5610.jpg

ワタクシはそこまで・・・いや、同じようなものかな。

IMG_5614.jpg

マジでここで暮らしたくなっちゃったよ。

この日、ここで手入れ作業に携わっている方、約5名ぐらいかな。

IMG_5441.jpg

よほど、知識や技術がなければきっと務まらないお仕事でしょう。

IMG_5451.jpg

でも、うらやましいよね。

ワタクシがやってみたいお仕事№1かもしれないね。

IMG_5496.jpg

見た目には良いのかもしれないけど、暑い日も雨の日もそりゃ植物は待ってくれないし、冬の期間は毎日お仕事があるとは限らない、と思う。

きっとご苦労があるのでしょう。

と、なったら自分で作っちゃう?!

IMG_5618.jpg

いやいや、無理でしょう!

異次元世界は近いところの様で実は遠く離れたところからの見学でいいのかもね。

IMG_5411.jpg

だって、あなた、植物のお手入、できないんだから。

いやいや、どこの世界も大変なのですよ。





にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 深谷情報へ
にほんブログ村
群馬県 | 04:19:31 | コメント(0)
ゆめのなかへ・・・。
こんな休日・・・夢ですかね。

ちょっとだけ、ビールに酔い、爽やかな風に吹かれ、いつの間にか読んでいた本を顔にかけ、居眠りするんですよ。

ふと、目を覚ますと、見たこともないような蝶々が弱々しく、ひらひらと見たこともないような花の上を飛んでいるんです。

はいはい、もちろん、妄想ですからね。

いや、蝶々はホントよ。

IMG_5487.jpg

さて、本を読むのも疲れたし、少し歩いてきますか。

木陰の白いベンチと煉瓦の道に薄緑の葉っぱの隙間からふりそそぐ陽の光が優しくって、思わず心の奥底から息を吐きだすんです。

IMG_5597.jpg

日頃、溜め込んでいた得たいのしれない汚れた息は、吐きだされた瞬間、浄化され、天に昇っていくのが見えるんですよ。

樹木は樹木で、言葉もなければ、意思もない。

いやいや、それは大ウソですからね。

IMG_5604.jpg

酔っているわけではありません。

妄想の世界に入り込んだわけでも、夢の世界に入り込んでいるわけでもありません。

「ほらほら、急ぐ必要はないでしょ」

そう、木々が耳元でささやいているのが聞こえませんか。

きっと、ひとはそんな会話のできることを、とうの昔に忘れてしまったのでしょう。

IMG_5430.jpg

森に住む鳥や虫や動物たちはきっとこの森の木々と会話して、共存、友、そしうしてお互いを認め合っているのでしょう。

で、なければ、切り倒された木々の敵を討ちに、命を懸けて動物たちが人間世界に討ち入ることなどしないでしょう。

ひとだって自然を認め、真綿よりもっと優しい心があればきっと木々のささやきが聞こえるはず。

IMG_5555.jpg

だけど、人の生きる社会の空気に含まれた毒は、真綿の心をただの石ころにしてしまうのです。

いちど固まってしまった石ころの心は、ぶつかりあい、少しずつ砕け、砂でよごしながら小さく小さくすり減っていくのです。

それを”丸くなった”と比喩して体裁を保っているけど、それはただの崩壊への一歩に過ぎないのですよ。

IMG_5575.jpg

森は泣いている、悲しんでいる、友をなくし、嘆いている。

なのに、ひとは森を求め、森は真綿のひとを求めている。

IMG_5556.jpg

表向きだけは・・・。

はっはは、どうしたんだろう、、、ワタクシ、、、酔っているのでしょうか。

ハイ、ふかいみどりに酔わされてしまったようです。。。わ。








にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 深谷情報へ
にほんブログ村
群馬県 | 04:51:16 | コメント(0)
みどりにいやされて。。。
時間が止まるのですよ。。。

久しぶりに「アンディ&ウィリアム ボタニックガーデン」に行ってきた。

と、言うよりも、仕方なく・・・って感じで。

某大型ホームセンタージョ〇フル〇ンダに買い物に行ったら、なんと運悪く棚卸の為、休業中。

そりゃないよ!

でも、せっかくここまで来たんだから、って、唯一営業していたボタニックガーデンでストレス解消。

IMG_5401.jpg

いやいや、期待は裏切りませんわ。

IMG_5403.jpg

既にエントランスの花壇でやられてしまいましたわ。

しかし、マジでこのガーデンはクオリティーが高い。

こんな花壇、作ってみたいよね。

IMG_5404.jpg

きっとガーデニング好きの奥様方はこの花壇を参考にして店舗で苗をぁご購入するのでしょう。

宣伝効果抜群。

IMG_5402.jpg

今、ペレニアルフラワーショーということで、お花がいっぱい。

ハイ、ペレニアルとは宿根草、多年草のこと。

簡単に言えば、何をしなくても毎年咲いてくれるお花の事。

と、言ったら言い過ぎですね。

きちんと手入れしてあげなきゃ咲いてくれませんよ。

でもね、ワタクシ、思うのですよ。

このガーデン、、、というにはデカすぎる気はするけど、ここの主役は樹木じゃないかと思うのですよ。

IMG_5418.jpg

確かにお花も綺麗。

でも、木はもっと綺麗。

こんなの、普通のお宅じゃ絶対に無理な規模だもんね。

空梅雨の青い空に映えるのよ。

IMG_5415.jpg

もし、時間がたっぷりあって、他になにもすることなかったら、このベンチに座って、朝、陽が昇るころから沈むまでぼ~っとしていたい。

ちょっと、難しい本なんかもってきちゃって、よく冷えたビールとつまみはナッツでいいや。

IMG_5457.jpg

それだけで、一日過ごしてみたい。

IMG_5461.jpg

きっと、、、じっとしてられないだろうけどね(笑)

そんなボタニックガーデンでございます。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 深谷情報へ
にほんブログ村
群馬県 | 10:59:47 | コメント(0)
次のページ

FC2Ad