■プロフィール

nonki

Author:nonki
生まれも育ちもわがまち”ふかや”
早いもので人生も半ばを過ぎ、今まで忙しく見過ごしてきた身の周りをもう一度見つめなおし、ゆっくりまったりどっぷりとこの街で生きて行こうと思っております。

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
地域情報
774位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
関東地方
163位
アクセスランキングを見る>>

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

きれいなおだわらじょうって・・・。
伊豆に行こう! 

(最終章 お帰りの寄り道編 その2 )


実はワタクシのナビはちょっと古くてまだ圏央道は八王子どまり。

まあそっちの方までも行くこともないだろうと更新もしていないまま。

だからどうやって帰ったらいいのかさっぱりわからん。

とりあえず小田原を目指していけば何とかなるだろうと・・・。

ところがどう間違えたのか来た道と随分景色が違い、こりゃやばいなと。

まあ、いいや、小田原のかまぼこでも食って帰ろうか、な~んて呑気な。。。

はい、ご想像通りワタクシ、見事迷子になりやんした。

小田原から東名に乗ってそれから圏央道を目指そうと思ったのですが、そうは甘くない。

グルグル回ってるうちに方角がまったく分からなくなってしまい、、、もうダメだ。

一般道に下りたら目の前にド~ンと小田原城。

もう焦っても仕方ないんで、お城見物でもしてそれからもう一度ナビをセットしなおそうよ。

「小田原城」

IMG_7213.jpg

確か城主は北条氏。

あの寄居の鉢形城を巡って激しい戦いを繰り広げた深谷を治めていた上杉氏のライバル。

IMG_7217.jpg

おお、ライバルのお城視察ということか。。。(ほんとかよ 笑)

リニューアルオープンということですごく綺麗になった天守閣に登れるんだって。

IMG_7224.jpg

お城のリニューアルというのもなんだかなぁって気持ちもしないでもないけど。

お庭ではたくさんの遠足の子供たちがお猿さん見物。

ありゃ、お猿さんですか。

IMG_7226.jpg

豊臣家に敵対心を抱いていた現れかい(関係ないか?)

歴史、分かんないから適当なこと書いてるけど、、、そんなことじゃまずいよね。

ちゃんと調べなさいよ、、、うううう、ごめんよ、、、ちょっと今、、、その気力がないんで、、、ごめんよ。

こんな立派なお城なんだから面白いと思うけどね。

IMG_7235.jpg

さて、入場券を購入、階段を昇っていくと北条氏に係わる資料がいっぱい。

IMG_7238.jpg

綺麗な城内は、、、ちょっと違和感あるなぁ。

IMG_7251.jpg

さあ、最上階の天守閣だけど、外に出られるんだよ。

IMG_7237.jpg

ぐるっとひと回り、一般のお宅のベランダみたいに見渡せるの。

さっきまでいた伊豆半島から太平洋。

IMG_7258.jpg

小田原の街並みまで・・・でも・・・また高いところへ・・・。

IMG_7254.jpg

足がすくむよ。

どうして人間って高いところが好きなんだろうね。

IMG_7260.jpg

高いところ、、、あとは落ちるだけなのに・・・(笑)

まああ、最後まで足がすくむ思いで終わっちゃったね。

さあ、今度こそ帰ろっと。

どうか迷わず帰れますように。。。

終わり



スポンサーサイト
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 深谷情報へ
にほんブログ村
旅行 | 14:49:32 | コメント(0)
さよなら、いずはんとう
伊豆に行こう! 

(最終章 お帰りの寄り道編 その1)


城ケ崎をあとにし、もう時間的に帰路につかねば明日からの生活に支障が出ちゃう。

何と言ってもここは静岡県なんですからね。

と、言うことで来た道を忠実に戻っていきます。

すると・・・。

熱海から伊東までの道中気になっていた施設が目にとまる。

「マリンタウン伊東」

IMG_7200.jpg

道の駅なんだけど、やたらとデカい。

IMG_6961.jpg

向こうにはあの有名なサン〇トヤが見えますな。

IMG_6946.jpg

意外と静かな伊東にあって一番(?)賑わってる場所かな。

だって、ほら、看板を見ても分かると思うけどお食事でしょ、トイレでしょ、温泉でしょ、、、、温泉??? 温泉に入れるのかよ。

IMG_6947.jpg

トイレだって見てよ。

幸せの黄色いトイレだよ(笑)

IMG_7201.jpg

いやぁ、利用させてもらったけど、中は普通の綺麗なトイレだったけど、幸せになれたかどうかは謎のまま(笑)

裏手に周ればすぐに海で遊覧船まで運航していて、そんな景色を見ながら食べたら幸せになれるんだって。

IMG_6958.jpg

おい、ここもかいってつっこみたくなっちゃう。

IMG_6955.jpg

しっかし、こうした風景をこんな場所でゆっくり見ているのは幸せじゃござんせんか。

IMG_6957.jpg

遊覧船には乗りたくないけど、つり橋も渡りたくないけど、やっぱり海っていいですねぇ。

IMG_6959.jpg

きっとこの”ご家族”も静岡県に生まれてよかったと思っていることでしょう。

IMG_6962.jpg

さあ、時は昼時。

腹ごしらえをして帰りましょう。

一階はお土産屋さんがずらりと並び、その上の階はラーメン屋さんや蕎麦屋さんや定食屋さんが並んでいて、せっかくだもん、やっぱりここは海のものを頂きましょう。

IMG_7203.jpg

と、なればやっぱり海鮮丼。

IMG_7206.jpg

美味しく頂きました。

よ~し、これで家までの道のり、何とかお腹ももつでしょう。

さあ、頑張って車を運転するぞ~。

こうして、再び車中の人となったのですが・・・このままじゃ終わらないのがワタクシの旅。

って、事でまだ引っ張るんかい!

チャンチャン~♪










にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 深谷情報へ
にほんブログ村
旅行 | 12:31:19 | コメント(0)
たかい、こわい、ゆれる~!
伊豆に行こう! (城ケ崎観光編)

夕食、そして朝食を頂き、さて、お世話になりましたとお宿をチェックアウト。

今日の観光に出かけます。

伊東の街から30分ぐらいかな、リアス式海岸のような城ケ崎に向かいます。

IMG_7147.jpg

リアス式海岸、、、そう、のこぎりの歯のように入り組んだ海岸ね。

その海岸につり橋があるって。

きっと高い場所なんだろうな。

きっと揺れるんだろうな。

きっと怖いんだろうな。

でも、ここで背を向けたら男がすたる。

え~い、乗り掛かった舟じゃ、沈むまでしがみついててやろうじゃないか。

IMG_7169.jpg

ということで、駐車場から10分の遊歩道。

IMG_7148.jpg

途中から切り立った岩場の海岸が見える。

なるほど、ギザギザのリアス式海岸てことがよく分かるね。

IMG_7164.jpg

おおお、もしかしたらここがあのサスペンスドラマのエンディングの舞台となって片〇なぎさや船〇栄一郎がなぞ解きをする場所か、な~んて思ったりしたりして。

IMG_7167.jpg

こっちは灯台。

ここも登れるのね。

IMG_7171.jpg

いやいや無理にそんなに高いところにいかなくても、、、ねえ。

おや、あらら、これがつり橋なのね。

IMG_7172.jpg

ぎゃあ、高いし!

ぐぅへ、揺れるし!

おいおい、そんなにバタバタ歩かんでもいいだろうよ。

嫌だよ、やっぱり高いところは怖いよ。

足がすくむよ。

IMG_7173.jpg

なんでみんな平気な顔をし歩いてるんだろう。

やっとのことでたどり着いた向こう岸。

おっととと、、、渡ってしまったってことは戻るのにもう一度渡らにゃならんのか。

IMG_7175.jpg

こりゃ失敗だわ。

もう海も景色もありゃしない。

IMG_7182.jpg

必死の思いで向こう岸に着いたとさ。

いやいや、怖い思いをするのも旅の思い出。

IMG_7192.jpg

多分、もう二度と来ることはないだろうけど・・・。

チャンチャン~♪

最終章へとつづく。





にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 深谷情報へ
にほんブログ村
旅行 | 13:14:18 | コメント(0)
まいごもつらいよ
伊豆に行こう! (伊東の街散策編)

海岸通りをちょっと散歩のあと、それじゃ今度は街に繰りだしてみようじゃないか。

全く分からないこの街だけど、どうにかなるさ。

川岸の、なに?これ?

IMG_6985.jpg

すっごい歴史を感じるこの建物。

ふ~ん、きっと老舗の旅館かな。

IMG_6977.jpg

いやいや、今や伊東市の文化財になっている大正からのお宿ですって。

「東海館」

IMG_6986.jpg

その川に舞台を作ってお祭りも開催されてる様子。

IMG_7049.jpg

なんだかジブリの「千と千尋の神隠し」に出てくる建物みたいだよ。
IMG_7056.jpg

ふ~ん、歴史を大切にしているんだね、この街は。

さてと、今度は商店街かな。

IMG_7032.jpg

湯の花通りだって。

いかにも温泉街。

でも、並んでいるお店がおしゃれ。

IMG_7033.jpg

ふ~ん、昔の温泉街とは全然感じが違うよ。

すごく洗練されていていやらしいところがない。

スマートな感じですごく好感の持てる街になってるよ。

IMG_7036.jpg

和菓子屋さんも温泉饅頭とかじゃなくってきっちりとした和菓子屋さん。

昔風のやぼったいお土産屋さんなんてないもの。

IMG_7040.jpg

とか、言っている間にここは?  どこ?  お宿はいずこや?

完全に迷子になりました。

IMG_7042.jpg

だって、視界が効かないんだもん。

こうしてしばらくの間、迷子の人となり伊東の街を彷徨ったのであります。

つづく



にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 深谷情報へ
にほんブログ村
旅行 | 08:35:02 | コメント(0)
うみはひとをきれいにする
伊豆に行こう! (伊東到着編)

まず一回目の食事を済ませ、さあ、本来の目的地伊東へ。

いくつかの集落、街並みを過ぎてやっと着きました伊東の地。

IMG_7010.jpg

ありゃま、随分静かな・・・。

いくら平日といっても・・・。

♪~いとうにいくなら〇トヤ~♪ でんわはよいふろ~♪

って、昔から大々的に宣伝していたホテルももちろんあるけど、でも、そうじゃなくって本当はもっと静かな落ちついた街。

IMG_7016.jpg

熱海があのような感じだったか余計にそう見えるのかな。

でもね、派手だから、賑やかだからいい街ってこともないよね。

IMG_7011.jpg

海岸の公園、歩道をぼちぼち歩いてたらとっても落ちつく。

IMG_6999.jpg

こんなのどかな桟橋風景。

IMG_6995.jpg

何が釣れるんでしょう。

IMG_7001.jpg

ぼ~っとしながらこんな風景を見ていたらやっと気づいたよ。

温泉って二面性を持っていて、たまの休日を温泉でドバっと普段の鬱憤を吐きだすストレス解消の場と、もう一方は静かに湯船につかって過ごす時間と綺麗な風景の中でリフレッシュする癒しの場。

IMG_7021.jpg

かたや熱海、そして方や伊東。

他にも伊豆にはたくさんの温泉町があるけど、そんな印象が強いよ。

IMG_7022.jpg

どちらも海近くの温泉という点では共通する部分も多いけど、例えばお役所、温泉協会、観光協会なんてものが主導するのなら目指すものがまったく違うんじゃないかな、なんて思ったりして。

IMG_7015.jpg

海はどこまでも続いているのに人間の作りだすものによって海自体の印象まで変わっちゃうって言うのもなんだけど、この海の先にはもっともっと色々な風景がある。

IMG_7009.jpg

もし自分が回遊魚だったらそんな景色も見に行けるのに・・・って、あんた随分感傷的になってきちゃってるぞ(笑)





にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 深谷情報へ
にほんブログ村
旅行 | 05:19:25 | コメント(0)
次のページ

FC2Ad