■プロフィール

nonki

Author:nonki
生まれも育ちもわがまち”ふかや”
早いもので人生も半ばを過ぎ、今まで忙しく見過ごしてきた身の周りをもう一度見つめなおし、ゆっくりまったりどっぷりとこの街で生きて行こうと思っております。

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
地域情報
595位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
関東地方
121位
アクセスランキングを見る>>

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

にかげつごがまちどおしいよ。
期間限定と共に。

今年初めての「森の戦士ボノロン」です。

IMG_7815.jpg

なんだか、隔月に発刊されるのが待ち遠しいよ。

今回は私の知らないキャラが登場するんだ。

「森の妖精ユリシア」

蝶々のような羽を持った妖精さんだよ。

では簡単にあらすじを。

今回は女の子の切実なお悩み。

でも、ボノロンには女の子の気持ちが分からない。

IMG_7816.jpg

逆に女の子を泣かせてしまうのです。

IMG_7817.jpg

そこで登場するのがユリシア。

女の子は果たして立ち直ることができるでしょうか。

IMG_7820.jpg

今回はボノロンじゃなく、ユリシアの最後の言葉が感動的。

どんな言葉を残すのか、、、あとは某コンビニに行って読んでみてくださいね。

さて、今回のボノロンのお供は・・・。

IMG_7822.jpg

期間限定「かっぱえびせん ほんのり桜と塩味」

そう、もうこれはかっぱえびせんの粋を超えてるね。

目をつむって食べたらかっぱえびせんだとは分からないと思う。

ともかく塩が違う。

桜、はあまり感じなかったけど。。。

ふんわりと優しい味になっていたね。

IMG_7829.jpg

止められない、止まらない、かっぱえびせん~♪

IMG_7831.jpg

で、コーヒーで流し込む。

旨いねえ。










スポンサーサイト
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 深谷情報へ
にほんブログ村
その他 | 04:30:35 | コメント(0)
おもわず、よんじゃうよねぇ~♪
感動に大人も子供もないよね。

この頃、ちょっとはまっている物がある。

物というか、本!

しかも、児童書。

作家さんの名前は「中山聖子」さん。

この手の本は読まないよね、、、だって、大人だから。

ところが違うんだな。

児童書と言っても、充分大人が読んでも楽しいし、表現が端的だから理解しやすいし読むのにも時間がかからない。

でも、ストーリーはしっかりしているし、考えさせられちゃう。

子供って、というか、自分も子供の時はそう考えていたかもしれないなって。

350_Ehon_110986.jpg

最初に読んだのがこの「便利屋 寺岡の春」だったっけな。

春、夏、秋、冬、とシリーズなんだけど、途中から読み初めてしまってちょっと残念だったけど、結局その前の事も気になって、結局全部読んじゃった。

それから「チョコミント」

41YlwRyelgL__SL500_.jpg

「コスモスにありがとう」

まだまだ作品はあるんだけど、人気があるのか図書館で「あとでいいや・・・」とか言って、スルーしちゃうと次の時に借りようと思ってもなかったりするんだよ。

う~ん、お子様のファンもきっとたくさんいるんだろうな。

その中で、ちょっと気になったのがこの作品。

無題

「ふわふわ 白鳥たちの消えた冬」

ちょっと泣かされたね。

作者さんが実際に起きた事件をもとに書いているから、真実味があるのよ。

そんな事で感動していたら気になってしまったのが白鳥。

ほら、この間、荒川の白鳥飛来地の事を少し書いたじゃない。

この本も鳥インフルエンザに翻弄された白鳥たちの運命を思う子供の気持ちが書かれていて、人間のご都合主義や動物愛護の精神から相反する措置との矛盾さがとても胸に突き刺さってくるのよ。

そうしたらどうしても白鳥の姿を見たくなっちゃってさ・・・。

そう、荒川の白鳥は・・・知ってますよ、今はどのあたりにいるのか。

ですが、そっとしておいてあげましょうよ。

もう、あの白鳥たちを追いかけまわすのは止めましょう。

あれだけもてはやされ、そして今はあの状態、あの風景を見ちゃったら、、、白鳥たちに申し訳ない。

そこで・・・自然の中で、しかも、そっと観察できる場所があったら、、、はい、ありますよ。

早速、行ってきました。

そのご報告は明日ね。





にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 深谷情報へ
にほんブログ村
その他 | 15:49:40 | コメント(0)
がぶりといきましょう!
無言で南南東!

「節分には恵方巻」

最近、やたらとそんな”風習”が慣例となっているけど、何なんだろう、恵方って。

「恵方」

その年の歳神様がいらっしゃる方角。・

Ehou-direction.png

では、その歳神様って?

え~と、お米の神様って言っちゃえば簡単かな。

お正月に家にやってきて五穀豊穣、家族の多幸をくださる神様なんだよ。

だから、お米(もち米)で作った鏡餅を飾るでしょ。

それは歳神様をお迎えするために飾るって、、、知らなかったでしょ(笑)

今年は戊戌(つちのえ いぬ)の年。

ほ~ら、意味が分からなくなっちゃったでしょ。

これはね、古代中国から伝わる陰陽道の十干(じっかん)と干支(えと)を組み合わせた考え方。

ちょっと難しいのでワタクシもこの辺でギブ。

これ以上入っていくとヤバい(笑)

ehou.jpg

簡単に言っちゃえば南南東に歳神様がいらっしゃるのよ。

その方角に向かってお寿司の太巻きを願い事を思いながら食べると叶うというのが大阪から伝わった風習。

IMG_7065.jpg

ところが、そんな風習がその大阪で広まったのも1980年代ぐらいだとか。

そもそも、その恵方巻という呼び名もなかったとか。

この呼び名の命名は某コンビニチェーンの広島の方だとか。

そうよ、この風習、ごく狭い範囲で存在していたものを、あのセブン〇ブンが大々的に広めちゃった。

企業戦略のひとつだったのね。

要するにチョコレート屋さんがバレンタインデーを広めたのと同じようなもの。

踊らされているって言ったら言い過ぎでしょうか。

でも、日本人って騙されてる(?)とわかっていてもそれで楽しめる人種なんだよね。

IMG_7056.jpg

いつの間にか、ハロウインだってボージョレ・ヌーヴォーだってしっかり根付き始めてるじゃん。

ちょっとおしゃれだったり、美味しいものが食べられたりすれば、それはそれでその時代の風習としてあまり知られていないところからメジャーなものへと格上げとなる訳よ。

IMG_7070.jpg

いいの、いいのよ、それで。

病も気からというでしょ。

だから幸せも気持ちからなのよ。

IMG_7076.jpg

さあ、恵方を向いて太巻きをたべましょう。

おまけ
初詣は恵方の方角にある神社に行く、という風習も昔にはあったそうな。
さて、みなさんはどの方角の神社に行ったかな。
今からやり直し、は、ないか。





にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 深谷情報へ
にほんブログ村
その他 | 06:41:30 | コメント(0)
うかれきぶんもきょうまでだよ。
お正月特番!

「今日でお正月も終わり 松の内編」


今日は1月7日。

「松の内」ね。

関東ではこの日が一般的にお飾りを外す日になっているけど、関西では15日とか、地域によって色々な風習があるんだって。

要は自分がまだお正月だと思ってれば何時でも良いのよ、お正月の期間って。

おめでたい人は一年中っていうのは・・・ダメか、、、、(笑)

まあ、我が家も一般的なこの日にお飾りは外しますわ。

IMG_5858.jpg

それともうひとつ、七草粥を食べる日ね。

春の七草を入れたお粥だよ。

nanakusa.jpg

せり なずな ごぎょう はlこべら ほとけのざ すずな すずしろ。

これね、野草雑草でしょ、ほとんどは。

なずななんてぺんぺん草だもんね。

道端にも生えてるけど、それを摂ってきて食べるのには勇気がいるよね。

だって、道端の雑草だよ。

犬が散歩で・・・ってこともあり得るし。

そんな時にはお任せね、スーパーに行けばちゃんと売られているよ。

IMG_6053.jpg

ほらね、神奈川県産だって。

こんなモノを栽培している人もいるんだね。

IMG_6056.jpg

奇麗にパックされているところを見るとハウス栽培かな。

超期間限定、ベターな商品だよね。

この日を過ぎたらすべて廃棄されちゃうんだろうなぁ。

だって”お買い得商品”って並べても誰も買わないでしょ。

う~ん、作る側も、売る側も勝負的商品だね。

310214_2-e.jpg

ところで、鏡開きって何時なのか知ってた?

1月11日だって。

松の内と同じじゃなかったんだ。

だから鏡餅はもう少し飾っておいてね。

あ~あ、これで今年もお正月は終わっちゃったね。

”♪~はやく こいこい おしょうがつ~♪”









にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 深谷情報へ
にほんブログ村
その他 | 04:17:54 | コメント(0)
ふうけいをみるってたのしい~♪
お正月特番!「聖天様 お正月風景編」

御参りも済ませ、露店の屋台も楽しみ、さあ、本当に帰るよ・・・と、その前に。。。

ちょっとした聖天様の風景を。

IMG_6002.jpg

酒樽、、、これっていつも置いてあったけど、こうしてお正月に見る酒樽は格別だよね。

IMG_6001.jpg

だから、飲みたくなっちゃうって(笑)

ほら、狛犬さんも笑っているようだよ。

IMG_5995.jpg

それともこの長い行列に目を丸くしてるのかな。

石じゃなけりゃ、お手のひとつも芸を披露して欲しいもんだけど、、、って、狛犬は芸なんてしませんよ。

怒られちゃうからね。

IMG_6004.jpg

しかし、寒いね。

空は青くって気持ちいけど、風が強いんだもん。

IMG_6031.jpg

でも、ほら、日向のスイセンはもう咲いてるんだよ。

IMG_6036.jpg

「早春」って言葉を思い出すよね。

奇麗に咲いたそんな横に、こんなにもゴミって出るんだね。

IMG_6037.jpg

これってさ、ほとんどが食べ物関係のゴミなんでしょ。

ひとってさ、よく食べるよね。

こっちにはこんな行列もあるしね。

IMG_6041.jpg

きっとさ、ひとにとっても最高の楽しみって食べるって事じゃないのかな。

そこからひとって始まるような気がするな。

IMG_6042.jpg

もし、そんな楽しみを失ったら・・・そりゃ、もう、、、ねえ。

そうならないためにも、飲みすぎ食べすぎには気を付けようね。

ほどほどに楽しむ、それが長く生きる、続けるための秘訣、、、だよね、きっと。






にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 深谷情報へ
にほんブログ村
その他 | 04:56:31 | コメント(0)
次のページ

FC2Ad